River Surfing with Gerry Lopez https://vimeo.com/162800332

未来のサーフィンがオレゴンの山中にあった

シリーズ「サーフィン新世紀」12

リバーサーフィンを楽しむロペス親子の映像を深読みすると、そこに未来のサーフィンの、理想の姿があることに気づいた。


オレゴン州ベンド。サーファーならばその町にサーフレジェンド、ジェリー・ロペス氏が住んでいることや、彼がリバーサーフィンをそこで楽しんでいることをすでに知っているだろう。

今回パタゴニアやバンズによる映像でその全貌が明らかになり、いくつかの驚くべき事実が明るみとなった。The Surf NewsやThe Surfers Journal Japanese editionでも映像はシェアされているが、もう少しディープにベンドの人々が楽しむリバーサーフィンを、ジェリーロペス氏との関わりも交えてお伝えしたい。

Weird Waves Season1 ディラン・グレイヴスとジェリー・ロペス


ジェリーさんは不思議な人

ジェリー・ロペスがオレゴンに居を移したのはたしか90年代だったと思う。スノーボードの魅力にとりつかれたのがその理由の一つだ。サーフィンにフィーリングが似ているスノーボードを彼が好きになったのは納得できたが、引っ越してまでというニュースには私だけでなく世界中のサーファーが驚いたと思う。
「スノーボードは毎日できるから良いんだ」とオッキーキャストでジェリーさんは語っていたが、たしかにサーフィンの泣き所は、したいときにできないという辛さがある。それでストレスが溜まるのは否めない。

ジェリーと近しい人から聞いた話によると、この引っ越しには一人息子アレックスの教育ためという理由もあったのだという。のんびりとした田舎で素直に育って欲しいという願いがロペス夫妻にあったのだ。
まあとにかくジェリーさん一家はオレゴンに引っ越してそこでもサーフボードビジネスを続けながらスノーボードも楽しむというライフスタイルを続けた。そこで偶然にもリバーサーフィンと出会う。

Weird Waves Season1 アレックス・ロペス君

ある日、息子のアレックスがベントを流れるデシューツ川でボディーボードで遊ぶのを見て「立って乗れるぞ!」と父ジェリーは目が輝いたらしい。家に戻りサーフボードを持ってくると早速そこで波乗りを始めた。
シェーピング魂に火が付いたのは当然でリバーサーフィン用のサーフボードを開発するようになる。もちろんジェリーさんにとってリバーサーフィンは想定外で、まさかオレゴンでサーフィンができるとはジェリーさんも思っていなかったらしい。

そもそもリバーサーフィンができるところは少ないと思う。筆者も川を見るたびリバーサーフィンがどこかでできないか探すが、まだ出会ったことはない。それなのに引っ越した先の地にリバーサーフィンが待っていたとはジェリーさんはやはり不思議な人だなと思わずにはいられない。サーフィンが彼を引き寄せるのだろうか?

Weird Waves Season1

さて、さらに驚くべき事実がこの映像で分かった。このリバーサーフィンの波は人工的に制御されているということだ。川床にゲートが作られていて電動でそれを調節できるのだという。
川にはリバーパークスペシャリストという管理人がいて、彼らはウェイブシェーパーとみんなから呼ばれているらしいが、二人でコンビを組み実際に波に乗って最適な波になるようにゲートで川の水量を制御するという。
完璧だ。なんとゲートの数は26!。(信じられないが映像でそう言っている)
俯瞰(ふかん)でこの施設を見るとリバーサーフィンができる場所は複数あるようにも見える。

Weird Waves Season1

リバーサーフィンの長所と可能性

しかしながら何故このようなインフラが整備されたのかという疑問が残るが、元々は川遊びのリクレーション施設として整備され、おそらくカヤッキングのために最初は作られたのだと思う。
それが本当だとすればここベントだけでなくアメリカいや世界中にこのリバーサーフィンが可能の施設があるはず。日本にはまだないだろうけど、いずれこれが大きな流行となれば町起こしとして国内にも誕生するかもしれない。

このリバーサーフィンの長所はウェイブプールと違って大きなエネルギーを消費しないこと、もう一つは海でのサーフィンのような波の奪いあいがないことだ。
子供も女性も老人も順番を待てば波に乗る機会が平等に与えられる。のんびりと会話でも楽しみながら自分の順番が来るのを待つことができる。
リバーサーフィンは同じ町に住む者たちのコミニュケーションを円滑にする役目も果たしている。映像からもリバーウェイブを中心に和気相合とした空気が伝わってくるのが感じられるだろう。混雑したサーフポイントでのエゴは存在しない。みんなでサーフィンを楽しみ分かち合うという本来の精神がそこに在るからなのは言うまでもないだろう。

『Surf is where you find it:サーフはあなたしだいでどこにでも』といみじくも語ったジェリー・ロペスの意味をやっと理解することができたとこの映像を通じて感じた。

李リョウ

Reference:http://surfersjournal.jp/archives/1354

Bend Oregon River Surfing with Gerry Lopez from Paul Clark on Vimeo.


あわせて読みたい:
ジェリー・ロペスも登場!オレゴンでリバーサーフィン

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む