地元大会で最後のヒートを終えた田中樹 Photo: (c)THE SURF NEWS

今年で現役引退の田中樹、地元開催のJPSA第7戦を9位でフィニッシュ。(TSNオリジナル動画)

17歳でJPSA公認プロとなり、2009年にグランドチャンピオンを獲得。
常にシーンのトップを走り続け、選手として自らも活躍する傍ら、日本のサーフィン発展のためジュニア世代の育成にも力を注いできたプロサーファー「田中樹」。

今年2018年を区切りの年とし、現役選手としての引退を表明していたが、彼のホームブレイクである「志田下」が舞台となる、JPSAショートボード第7戦『CHIBA ICHINOMIYA PRO』が10/21(日)に終了。
地元で開催されるコンテストで現役最後の姿を見届けるべく、会場には沢山のサポーターが来場。ラウンドアップの際には、まるで優勝したかのように担がれ、最後は暖かい拍手と花束が贈られた。

また、多くの業界関係者が集まった夜のパーティーでは、サーフィンに本気で打ち込んできたその過程には、ライバルや尊敬する先輩プロサーファーの存在があったこと、今後はコーチング業に専念しながらも、日本のサーフィンの未来が明るくなるように活動していきたい、とコメント。
そして今後の夢として、日本からCT選手を出したいという想いを語った。

今年のJPSAコンテストは残り2戦(最終戦が行われる仙台で途中キャンセルとなった第3戦の再試合も行われる予定)。
日本を代表するプロサーファー田中樹の現役最後の活躍に注目しよう。

ジャンクでまとまりが無く、トッププロでもなかなかスコアを伸ばせない難しいコンディションの中、ラウンド5を見事1位通過。続くクオーターファイナルでは、バックアップの波を掴めず惜しくも敗退。 Photo: (c)THE SURF NEWS

「IZUKI 39(サンキュー)」のTシャツを着て、ビーチで応援する地元サポーター。 Photo: (c)THE SURF NEWS

「本音は勝ちたかったけど仕方ない。でも最後にここで、皆の前でやれたのは良かった。」花束をもらってインタビューに応える田中樹。普段こういうのでは泣かないんだけど・・と思わず苦笑い。 Photo: (c)THE SURF NEWS

ライバルとして、そしてチーム「3T」のメンバーとして共に歩んできた、高梨直人、田中樹、田嶋鉄兵。 Photo: (c)THE SURF NEWS

地元で最後のヒートを見届けるべく仲間達が会場に駆けつけた。 Photo: (c)THE SURF NEWS

夜のパーティーの乾杯シーン。沢山の業界関係者が集まり盛大に行われた。 Photo: (c)THE SURF NEWS

「自分が世界を転戦していたのは、日本のチャンピオンになりたかったから。」と胸のうちを明かすも、今後はコーチとして、日本からCT選手を出すことが夢だと語った。 Photo: (c)THE SURF NEWS


田中樹:2018 JPSA 第7戦(志田下)

常にシーンのトップを走り続けたプロサーファー田中樹が今年で引退。地元千葉で開催されたJPSAでは、ホーム志田下で最後になるヒートを見届けるべく、沢山のサポーターが駆けつけた。https://www.surfnews.jp/feature/inside_story/10270/

The Surf Newsさんの投稿 2018年10月21日日曜日

プロサーファー 田中樹 プロフィール

両親がサーファーで7歳の時に神奈川県の茅ヶ崎市から千葉に引っ越し、親がサーフショップを開店。
それをきっかけに本格的にサーフィンを始め、持ち前の負けず嫌いの性格でコンテストにも出場。
中学生の頃には海外のコンテストにも出場するようになる。

2000年にJPSAの公認プロになり、2002年に初優勝。
翌年からタイトル争いに絡み、2003年、2004年は2位。
その後、経験を積むために海外修行に出る。
2009年には念願のJPSAグランドチャンピオンを獲得。
その後は選手生活の一方でジュニア中心のコーチをスタート。
自身のスポンサー「Oakley」のサポートの元で次世代の若手育成を目的とした『OAKLEY TRY OUT』というイベントを毎年開催。
2017年にはISAのコーチングライセンスも取得。
ISAの他、WSLでも川合美乃里、稲葉玲王などのコーチとして海外のイベントを回る。
2018年のJPSA新島戦で今シーズン限りの選手引退を表明していた。

田中 樹(たなか いずき)
生年月日:1983年10月30日
出身地:神奈川県(千葉在住)
身長:178cm
体重:66kg
血液型:B型
ホームブレイク:志田下

スポンサー:O`NEILL 、QUARTER SURFBOARDS
Oakley、Conqueror、ASTRODECK、XM、SEXWAX、森下ボディーコントロール

■主な戦歴
2002年 JSPA『DSL PRO』優勝
2004年 JPSA『アロハガルーダカップ』優勝
2005年 ASP(現WSL) QS5スター『O’NEILL PRO FRANCE』3位
2006年 QS2スター『サハラプロ北泉』優勝
2009年 JPSA『ALL JAPAN PRO』優勝
2009年 QS2スター『MALIBU HYUGA PRO』優勝
2009年 JPSAグランドチャンピオン獲得

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む