9/20発売!『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版9.3号』日本版オリジナル特集は櫛本喜彦のストーリー

9月20日に『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版』の最新刊9.3号が発売!

<日本版オリジナルコンテンツ>
ケオニとジョージ・ダウニングとの親交、そしてジョン・ペッグとの奇妙な交友を持つ櫛本喜彦のストーリー。
大波を愛し、台風のスウェルを追いかける櫛本が、ミスター・タイフーンと呼ばれる理由とは…。

Searchin’ For A Kushi Kind Of Wave
ミスター・タイフーンと呼ばれた男が愛した足摺岬

あるとき、櫛本がサンセットで波をチェックしているとき、ひとりの日本人から声をかけられた。「“このへんでサーフボードを修理してくれるところを知らないか”って、ひとりの日本人が訊いてきたんで、オランドの工場を紹介してあげた。それが奥本順次、高知の漁師でビッグウェーバー。おれと同い年で、すぐに仲良くなった」と櫛本は語る。奥本が足摺岬、地元では水島と呼ぶ波に出合ったのは1980年ごろだという。「船を走らせているときに、沖で波が割れているのを見かけました。水島にはとてつもないうねりが押し寄せていて、爆発した波が化け物のように見えて、衝撃を受けました。当時は、とてもチャレンジできる波だとは思えませんでした」

文:森下茂男

The Privateer
「我が道を行く」

スイッチスタンスの猛者。デュークの勝者。サンセットとパイプでの比類なきパフォーマンス。ワイメアにおける最初のチューブライド。ジェームス・ジョーンズはその世代でもっとも才能と勇気にあふれたハワイアンサーファーのひとりだった。

文:ビュー・フレマイスター

Extended Subversions
「拡張アブストラクション」

抽象と具象が織りなすトーマス・キャンベルの最新作『Yi-Wo』と、その舞台装置。

文:ケビン・オサリバン

Manmade/Homemade
「マンメイド・ホームメイド」

バルサボード全盛期を出発点に、ニューエイジ建築を経て、オフグリッド出版へとたどり着いたロイド・カーンの軌跡。

本文:ロイド・カーン
序文:スティーブ・ペズマン

South From Gibraltar
「ジブラルタルから南へ」

西アフリカ紀行
文:ホアキン・アズウェイ

Portfolio: ZAK NOYLE
ポートフォリオ:ザック・ノイル

文:ジェフ・ムル

ほかにも、ヒッチコックの横顔のシルエットを模した自身のロゴで話題のアーティスト、アレックス・イスラエルや、本誌編集ジョージ・カックルによる北山川筏下りのサーファー筏師、宇城公揮へのインタビュー「People」など、今号の『ザ・サーファーズ・ジャーナル9.3号』も話題満載です。


THE SURFER’S JOURNAL(ザ・サーファーズ・ジャーナル)日本版9.3号

●世界でも選りすぐりのフォトグラファーによって捉えられた、サーフィンの美しく迫力に満ちた瞬間。
●新旧様々なライターたちに綴られる、本質的でバラエティに富んだストーリー。
最も信頼されるサーフィン誌として世界中のサーファーたちから愛され、書店では買うことができないライフスタイル・マガジン。

定期購読なら最大30%オフ&送料無料。新規購入で更に500円引き!

Fujisanマガジンサービスのオンライン購入なら、送料無料&最大30%オフ!
さらに、新規購入なら500円引きで購入が可能。

オンライン購入者なら電子書籍の無料のため、バックナンバーも読み放題。
詳細はコチラから、定期購読の場合は開始号をお選び頂きご購入ください。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。