PHOTO: © WSL/Cestari

ミック・ファニングが語る『How To Win フランス』

2018年、ベルズ戦を最後に17年のCT選手生活に幕を閉じたミック・ファニング

その長いキャリアで3度のワールドタイトル、通算22勝という輝かしい成績を残した。

ベルズでの最多優勝記録4回はケリー・スレーター、マーク・リチャーズとタイ記録だが、フランスでは2013年にアンディ・アイアンズの記録を更新して単独で最多優勝記録4回を達成。

そんなミックに10月3日から開幕するCT第9戦『Quiksilver Pro France』を前にWSLがフランスでの優勝の秘訣を訪ねた。


PHOTO: © WSL/Masurel

水晶玉を見るように

フランスで上手くやる秘訣の一つは、「水晶玉を見るように」
つまり、先見性を持つことさ。
このイベントではヒート毎に異なるサンドバーが使用されることがあるから、それを試して見通す必要がある。
また、フランスでは潮の動きで急激にコンディションが変化する。その可能性を考えながら対応する必要があるのさ。
ヒートの準備が出来てからブザーがなるまでの40分、波が劇的に変化することもある。
これから先のヒントの多くも、この変化に関することさ。

勝負は到着時から始まる

ホセゴーに到着したら、サンドバーの変化を確認するために最初の数日間は1時間毎に波チェックをするよ。
これは試合中の変化の予測に役立つね。
この波チェックとフリーサーフィンを繰り返してコンテストの週に合わせていくんだ。

PHOTO: © WSL/Masurel

海を観察する

フランスにいる時は常に海が見られる場所にいるんだ。
滞在先に戻る時もランチの時もね。
それだけ常に状況に注意を払っていれば間違いないね。

いつでもヒートに向かえる準備

フランスでは常にヒートに向かえる準備を欠かさない。
イベントは毎日のように中断されても常にボードなどの用意をしていたよ。
そうすれば即座に戦えるからね。
もし、私と一緒の部屋に滞在して追い付こうとしたら、「グッドラック!」と声をかける。
準備万端の私は一瞬でドアの向こうに消えてしまうけどね。

サーフボードの扱いは慎重に

一旦、サンドバーを見つけたらそこで自分のベストなサーフボードを試してみる。
それが試合に使用するための一本になった場合、慎重に扱うんだ。
フランスでは簡単にサーフボードが折れてしまうから、フリーサーフィンは代わりのサーフボードを使用するのさ。

作戦

フランスでヒートを戦う時の作戦は非常に重要。
まずヒートを4分割して、その時間毎のベストな波に乗る方法を考えるんだ。
ラインナップでじっとすることはなく、とにかく動き回るのさ。
多くの選手が30分間じっと波を待つのを見てきたよ。

心をオープンにして過度な期待はしないこと

最後に『Quik Pro France』で上手くやる大きな秘訣を教えると心をオープンにすることだね
ありとあらゆる条件の中、一つのラウンドのヒートで敗退しても次のサーフィンのためになると考える。

’準備をして期待をしない’
これが自分の経験の中で重要な勝利のキーポイントかな。

参考記事
Mick Fanning: How To Win France

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む