PHOTO:© WSL / Ed Sloane

チッパ・ウィルソン、アルビー・レイヤーを招いてエアーコンテストが開催される!

10月3日〜14日にフランスで開催される『Quiksilver Pro France』で招待制のスペシャルヒート「Air Invitational」が開催されることがWSLからアナウンスされた。

イベントのディレクターは昨年CTを引退したジョシュ・カー。
テクニック、イノベーション、創造性。
スケートボードの影響を受けたスタイルに敬意を表して行われる。

すでに決定しているサーファーは、フィリッペ・トレド、マイキー・ライト、チッパ・ウィルソン、アルビー・レイヤーの4名。
その他はファン投票によって決められる。

「ギャラリーはエアリアルサーフィンの動きや創造性が大好き。多くの人がエアーがサーフィンの未来と言う。WSLはジョシュをこの舞台に戻し、彼と協力してファンとサーファーが好きなエアーとコンテストを融合させることに興奮している」
WSLのCEO ソフィー・ゴールドシュミット

「私の若い頃のキャリアとサーフィンのインスピレーションの多くはエアーのイベントだった。彼らがサーフィンを進化させたのさ。私達のスポーツの最もレベルが高い場所でエアーのイベントを復活させる一員になれたことは特別。今は彼らの大ファンなんだ。フランスが待ち切れないよ!」
ジョシュ・カー

過去にサーフィンエアーショーシリーズでタイトルを獲得したこともあるジョシュ。
キャリア後半はWSLのビッグウェーブイベント、BWTに出場するなどエアーよりもビッグウェーブのイメージが強くなっていたが、サーフランチのエアリアルセクションの改良チームにアルビー・レイヤーと共に選ばれるなど、まだ世界有数のエアーのスペシャリストと言える。

アルビーの他、フリーサーファーのチッパ・ウィルソンがフィリッペなどのCT選手とどのようなレベルのエアリアルを披露するかも興味深い。

ジョシュ・カー

PHOTO:© WSL / Steve Sherman

WSLは『Quiksilver Pro France』の「Air Invitational」と同時に9月6日〜9日にサーフランチで開催されるCT第8戦『Surf Ranch Pro』でもチッパ・ウィルソン、アルビー・レイヤーを招待したエキビジョンを行うと発表。

「今回のAir Invitational、Surf Ranch Proに関わることを誇りに思う。グロム時代からエアーショーでサーフィンすることが目標だったんだ。コンテストとは言えない’ゆるい’ものとずっと考えていたけど、彼らはみんな賑やかにやっているよ。チャンピオンシップツアーの中でベストなエアーをするサーファーと一緒にやれることに興奮している」
チッパ・ウィルソン

現在のエアリアルは一昔前と違ってマニューバーの一部。
一般サーファーには非現実的な世界でもあるが、プロのサーフィンコンテストとしてはもっと突き詰めて欲しい領域でもある。

黒本人志

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む