Image: WSL

「#STAYHOME」を面白く!おうち時間を楽しくする取り組みを紹介

緊急事態宣言の全国拡大後、全国のサーフポイントでサーフィン自粛の動きが強まっており、大型連休も家で過ごす時間が増える人が多いはず。

せっかくのこの時期に海に入れないのはもどかしいが、「#STAYHOME = おうち時間」を少しでも楽しく、クリエイティブなものにするための様々な取り組みを6つ紹介したい。

1)WSLのホームブレイクチャレンジ

Photo: WSL

World Surf Leagueが、インスタグラム上で行っている誰でも参加できるキャンペーン。投稿内容の細かな規定やジャッジ基準は明かされていないが、様々な方法で“サーフィン”を自宅で再現し、その様子を「#HomeBreakChallenge」のハッシュタグをつけて投稿すると、最終的にホームブレイクチャレンジのワールドチャンピオンが決められるというもの。

これまでアップされている投稿を見ると、ヨガボールとテレビモニターを使って自宅で模擬バレルライドをしてる様子や、庭のホースを波に見立てているものなど、いかにクリエイティブかつ斬新なアイディアで自宅でのサーフィンを再現するかがポイントのようだ。

寝起きの五十嵐カノアも参加しており、ぜひ動画をチェックしてみてほしい。


2)あなたの自慢のライディング動画を編集!「#STAYHOME SESSION」

blank

日本サーフィン連盟のオフィシャルカメラマンでもあり、九州宮崎を拠点に活動するカメラマン “オガキヨ” こと緒方清が、誰でも参加可能な「STAYHOMESESSION」企画を始動。
自慢のライディング動画を以下宛先に送ると、選ばれた映像がシリーズ動画とし編集・公開される。

本企画には、プロ/アマ問わず様々なライディング映像が寄せられており、シリーズは既に7作目が公開中。映像はまだまだ受付中とのことで、ぜひチェックして欲しい。

<応募要項>
・2020年3月末までの映像(コロナ緊急事態宣言以前のもの)
・プロアマ問いません。
・ホームビデオでもかまいません(サイズはできるだけ大きい方が良いです)
・SHORT/LONG/BBも問いません
・ご自分のライディング動画一本(カメラマンの承諾済みのもの)のみ
・表記して欲しい個人名もしくはinstagramアカウント
・撮影に問題の有るポイントでの映像はご遠慮ください。

<宛先>
FBメッセンジャーまたは以下メールに送付。
rlm.ogakiyo@gmail.com
件名に「#STAYHOMESURFSESSION」と記載すること。

詳細:http://rlmfox.blogspot.com/2020/04/stayhome.html

現在はセッション No.07まで更新中。プロ/アマ問わず、様々なライディング映像が使用されている。

公開動画は以下のYouTubeチャンネルで更新中
https://www.youtube.com/user/rlmfox9999/videos


3)BCMのサーフィンゲームアプリ「WORLD SURF TOUR」が無料公開

サーファーなら頷ける「直観的な操作性」がイメージトレーニングにも使えるゲームアプリ

2015年のリリース以来、iTunesストアの「サーフィンゲーム」検索1位。
波情報サイトBCMが制作し、サーファーが見て、操作して、頷けるような “リアリティ” を追求したスマホ用ゲームアプリ「WORLD SURF TOUR」が広告付きながら無料でダウンロード可能になった。

本アプリは実在する世界7つのサーフポイントが舞台になっており、オーストラリアやアメリカ、ブラジル、ヨーロッパ各国でのダウンロード数は、日本国内を遥かにしのぐ。

一部、アプリ内では便利にするためのアイテム課金などはあるものの、課金ナシの無料で十分楽しめるし、相当の熟練も必要といえる。サーフィンのイメージトレーニングにも最適と話題になった逸品をお試しあれ。

#stayhome こんな時こそスマホで楽しめる。
サーフィンGameアプリを無料公開!
https://www.bcm-surfpatrol.com/newsandreport/detail/16073

<ダウンロード>
 

4)VOLCOMが展開する「#stayhomeforthis」

Photo: Youtube

「STAY HOME FOR THIS(=私はこのために家にいる)」をテーマに、VOLCOMがインスタグラム上で展開しているキャンペーン。

“THIS”すなわち自分が情熱を注ぎ愛してやまないものを投稿する際に、Instagramが提供する「STAYHOME(おうちじかん)」のスタンプと、VOLCOMが提供する「FOR THIS」のスタンプをつけて、 ストーリーとフィードに投稿する。

例えばサーフィンの画像にこの2つのスタンプを付けて投稿すると、「私は(近い将来心置きなく)サーフィンができるように(今は)家にいる」というようなメッセージを発信することになる。

詳細:https://www.volcom.jp/blogs/truetothis/stay-home-for-this


5)Jonas claessonの無料塗り絵

スウェーデン出身、オーストラリア在住のサーフアーティストJONAS CLAESSON。ヒュー!日向のイメージイラストをはじめ、日本にもファンが多い彼が、塗り絵用のイラストフレームを無料で公開。現時点で9パターン用意されている。

詳細:http://www.jonasclaesson.com/wp-content/uploads/2020/04/Jonas-Claesson-Coloring-Pages-Only-For-Personal-Use-Copyrighted-2.pdf


6)テレワークでも海を感じるオンライン会議壁紙

Image: Quiksilver

テレワークによりZOOMなどのツールでWEB会議やオンライン飲みをする機会が増えている今、自室の様子が映らないように背景画像の設定が一般的になってきている。

Quiksilver」や、カリフォルニア発のスマホアクセサリーメーカー「NOMAD」、ハワイの情報サイト「Myハワイ」などが、海やサーフィンをモチーフにした壁紙を公開中。

もちろん背景画像にはこれだけではなく、自分の手持ちの画像使用もOK。海やサーフィンの画像を背景にすれば、自分も海を感じながら、相手にも海を届けることができるのが嬉しい。

(THE SURF NEWS編集部)


GW真っ只中、現時点でのあなたの状況を教えてください。

【現在、仕事はどの様にしていますか?】

  • 完全テレワーク中 (16%)
  • 一部テレワーク中 (18%)
  • テレワーク対応できないため仕事に出ている (56%)
  • もともと外出不要の仕事である (3%)
  • 仕事はしていない (6%)
  • 今回、仕事を辞めた (1%)

Total Voters: 2,375

【現在、外出をどの程度していますか?】

  • 不要不急の外出の自粛を徹底している (18%)
  • 仕事以外での外出は必要最低限である (50%)
  • 多少は不急の外出もしていると言える (22%)
  • 正直、少し自粛している程度だ (7%)
  • あまり気にしてはいない (3%)

Total Voters: 2,338

【サーフィンをしますか?】

  • 普通にサーフィンする(すると思う) (5%)
  • 混んでいない場所でサーフィンする(すると思う) (18%)
  • サーフィンを自粛する (68%)
  • まだ分からない (5%)
  • もともとサーフィンはしない (3%)

Total Voters: 2,404

【サーフィンを自粛すべきと思いますか?】

  • 絶対に全員が自粛すべき (12%)
  • 個人の判断とはいえ自粛に協力すべき (37%)
  • 行き帰りや混雑を避けるなど配慮を条件として個々の判断で良い (42%)
  • むしろ自粛すべきではない (7%)
  • どちらとも言えない (2%)

Total Voters: 2,848


≫全国の自粛要請、駐車場の閉鎖や 「#stayhome」コンテンツは「新型コロナウイルスによるサーフィン業界への影響まとめ」にて更新中

※Appleのロゴは、米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。