フォローすべきサーフ系アーティスト インスタグラマー5選 Part1

サーフィンとアートは切っても切り離せない関係。
海からインスパイアされた作品は共感できる部分も大きい。
今回は、注目のサーフ系アーティスト5名のインスタグラムアカウントを紹介。

【Andy Davis】
@andydavisdesigns

カリフォルニア出身。
サーフアートの先駆者。
独特の色彩と世界観で若いアーティストへの影響力は計り知れない。

最近では、2017 STANCE ISAでデザインが採用され、話題になった。

http://andydavisdesigns.com/

【Thomas Campbell】
@thomascampbellart

「The Seedling」「スプラウト」などフィルムメーカーとして有名なトーマス・キャンベル。
その他にもフォトグラファー、ペインター、スケーターなど幅広い分野で活躍している。

http://umyeaharts.com/

Yurp

Thomas Campbellさん(@thomascampbellart)がシェアした投稿 –

【Jonas Claesson】 
@jonas_draws

スウェーデン・ストックホルム出身。
現在はオーストラリアに在住。
トナカイ、シロクマなどの動物をモチーフにサーフィンを表現する。
微笑ましくも鋭い視点。

2018年2月、GREENROOM GALLERY YOKOHAMAで行われた個展で来日していた。

https://www.jonasclaesson.com/

【SURF CULTURE ART】 
@surfcultureart

UK出身のアーティスト、マシュー・ウィグルスワースによる柔らかな色使いと曲線。
世界各国を回った経験をキャンパスに表現している。

http://www.surfcultureart.uk/

【Yusuke Hanai】 
@hanaiyusuke

日本を代表するサーフ系アーティスト、花井祐介。
日本だけではなく、世界でも活躍。
様々なブランド、分野から’引っ張りだこ’だが、その世界観は統一され、一目で彼の作品と分かる。

http://hanaiyusuke.com/

🙏

Yusuke Hanaiさん(@hanaiyusuke)がシェアした投稿 –

(黒本人志)


THE SURF NEWS公式アカウント
@thesurfnews

THE SURF NEWS編集部の公式インスタグラムアカウントでは、最新記事をお伝えするほか、取材陣からの現地フォトなどもお届けしていきます。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む