カイ・レニーが翼を授かり空を飛ぶ

マウイ島出身の若き天才ウォーターマン、カイ・レニー。

サーフィンという枠に捉われず、ウィンドサーフィン、SUP、カイトサーフィン、ハイドロフォイル。

海で遊ぶものなら何でもトライして全てを極め、マウイ島とモロカイ島を渡る『Maui 2 Molokai』ではハイドロフォイルで新記録を樹立。
更にオアフ島とモロカイ島を渡る『Molokai 2 Oahu』でもハイドロフォイル部門に出場して優勝とまだ歴史が浅いハイドロフォイルではパイオニア的な存在である。

そんなカイがカイトサーフィンとハイドロフォイルをミックスした「ウィングサーフィン」を始め、これから一年をかけて極めると宣言した。

ハイドロフォイルを経験したサーファーの誰もが「波に乗っているというよりも空を飛んでいるようだ」と表現するが、カイは翼を授かり、風と波を利用して本当に空を飛んでしまった。

I just want to fly like an eagle.
(鷲のように空を飛びたいんだ)

カイ・レニー

(黒本人志)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む