Photo: Billabong

ジョエル・パーキンソン、引退を目前にオッキーがインタビュー

―「実は2年ぐらい前から引退を計画していたんだ。」ジョエル・パーキンソン

「Occ-Cast」とは、かつてThe Raging Bull(暴れん坊の闘牛)と言う名で知られ、1999年のワールド・チャンピオンであるプロサーファーMark Occhilupo (愛称オッキー)が2年前にスポンサーのビラボンと一緒に始めた企画。
今までにトム・キャロル、デーン・レイノルズ、ジェリー・ロペズやケリー・スレーターなど数多くの著名なサーファーをインタビューし、そのポッドキャストが合計200万回以上再生されている。

今回のOcc-Castでは第1回目にインタビューした親友のジョエル「パーコ」パーキンソンに再度マイクを向けた。

2002年に世界のトップサーファーが競うチャンピオンシップ・ツアーに入ってからパイプ・マスターズを含め世界大会では14度の優勝を果たし、トリプル・クラウンを3度制覇、そして2012年にワールド・チャンピオンにも輝いたパーコ。今開催中のパイプ・マスターズを機に引退を表明している。

「インタビュー」というよりは、親友2人が、プロサーファーとしての18年を振り返りながら思い出話に花を咲かせ、将来を語り合う、そんな45分間となった。
その中の要点を以下にまとめた。


引退はいつ頃から考えていたの?

実は2年ぐらい前から計画していたんだ。タイミングをうかがっていたところでミック(親友のMick Fanning)がベルズ・ビーチの大会で自分の引退を発表した。ベルズで最後のヒートから上がった時、自分も引退を発表したかったけど、先に公にしたミックにも時間を与えたかった。何といっても、尊敬している相手だから、自分の引退発表はもう少し待つことにした。
昨年世界ランキング8位で終わって、まだまだいけそうだった。でも、今年は最後の年だから結果を気にせず、世界中に応援してくれた人たちへのお礼を言うためにも、とにかく1年間楽しくツアーを回った。

引退したらコンペ生活の何が恋しくなると思う?

まずはコンペティターとしてのサーフィン。そして、行った先々で出会った人々。その2つかな。
あと、プライオリティかな!
パイプが決まった時にプライオリティを持って好きな波に乗れるのは最高。チョープーでもJベイでもそうだね。どでかいセットが来た時に「自分の番だ」と言う緊張感、それを経験できたのはラッキーだと思う。

ワールドタイトルの思い出を聞かせて

何度かタイトルが取れそうな年があったせいか、2012年の優勝は感慨深いものだった。2009年はワールド・タイトルか確定していたようなものだったのに、足首を怪我して逃してしまった。次の年はかかとを怪我して、2011年には半ば諦めていた。でも、そこでリセットして、2012年についに優勝することができた。

悪い思い出はある?

二日酔い?(笑)
いや、怪我かな。
でも、基本的に前向きなので、思い出すのはいいことばっかり。
大変なこともあったけど、思い出すに値しない。

アンディ、ミック、ケリーのうち、一番のライバルは誰?

アンディー(アイアンズ)やミック(ファニング)、ケリー(スレーター)がいたけど、その中ではミックは特別かな。長年の間、ミックとの闘いが数多くあったな。一番記憶に残るヒートはベルズ・ビーチ50回記念大会のファイナル。あとは、2009年キラのセミファイナルかな。ジェットスキーでアウトまで連れて行ってもらったらそのまま次のチューブに入るような、最高な波だった。お互い最高な波に乗りまくって、リードは何回も変わって、最終的に10ポイントライドで逆転勝ちした。

インスピレーションを与えてくれる人は誰?

まず君(オッキー)がかなり上位ね!
トム・キャロルのふるまいも好きだった。
マーク・リチャーズも人として尊敬できる。すごい尊敬されているレジェンドなのに、それ以上に彼は他の人に尊敬を表している。それは本物の「男」の証だと思う。本当に親切で、いつもプラス思考。いろいろ起こっていても、それをすんなり処理しちゃう。プレッシャーに強いのはワールド・チャンピオンに必要な性質だと思う。

WSLについてどう思う?

(2015年に従来のプロサーフィンの国際組織ASPから)WSL[World Surf League]に代わって、確実に良くなった。ASPはブランドの言いなりだったが、ブランドは最近力がなくなってきている。そのままだったら、今の10万ドル規模の賞金はないだろうな。大きな分かれ道だった時にWSLがやってきたのはサーフィンにとってすごくラッキーなことだった。もちろんいろんな課題はあるけど、WSLじゃなかったらその課題はさらに大きなものになったんだと思う。

人工波については?

まったくの別物だね。人工波に乗るのは楽しいけど、見ているだけとなると結構単調。チョープーやJベイ、パイプの波を3日間見続けるのはできるけど、人工波は飽きちゃうね。あれはサーフィンじゃなくて、プール乗りだ。単調すぎる。3日間プールの大会を見るぐらいなら、まだ2~3フィートのビーチブレイクの方がいい。悪いものではないけど、何か違うな。

次世代へのアドバイスを

とにかくサーフィンをすること。そしてそれを楽しむこと。まずは大会結果を気にせず、たくさんいい波に乗ること。サーフィンを上達させたいなら、力がある大きい波で自分の限界を伸ばさないといけない。スピードと力がある波でね。

これからはどんな板に乗るの?

いろいろ試したいなぁ!あそこにめっちゃいいツインフィンがあって、このインタビューが終わったら速攻で乗りたいんだよね。普通の板はもうお腹いっぱい。波がどんぎまったらまた乗るかもしれないけどね。チューブ祭りだったらやっぱりいつもの板に乗りたい。
最近フォイルボードにハマってね、去年はフォイルに乗りすぎて、大事な釣りがおろそかになっちゃて(笑)。釣り日和なのにフォイルばっかりしちゃって。。。

最後に秘密を1つ!

馬が怖くて仕方ない。一生乗ることはないだろうなぁ。飛行機も怖い。できればもう乗りたくない!

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む