『Billabong Pro Pipeline』に急遽出場が決まったべサニー Photo by Tony Heff/WSL

ステファニー・ギルモアがコロナ対策で棄権、べサニー・ハミルトンが急遽出場

現地時間1月30日、ハワイ・ノースショアでCT開幕戦『Billabong Pro Pipeline』の2日目が行われ、ウィメンズのR1H5にクレジットされていたステファニー・ギルモアがWSLの新型コロナウイルス対策で隔離のため欠場となり、急遽べサニー・ハミルトンが出場した。

ウェイティングピリオドの2日前となる27日、WSLはごく短いプレスリリースを発表。ステファニーが陽性だったのかどうかは明言していないが、「ステファニーはWSLの新型コロナウイルスプロトコルに入るため、隔離を終えるのは1月31日の月曜日となる予定」と説明。

結果的に、現地時間1月30日にウィメンズのラウンド1と2が行われたため、ステファニーは出場機会を逃すこととなってしまった。R1でステファニーと同ヒートにクレジットされていた、タイラー・ライトとインディア・ロビンソンは“負けなし”のヒートを実施。

そして、ラウンド2の直前にリプレイスメントがコールされ、急遽べサニー・ハミルトンの出場が決定。先日の『Da Hui Backdoor Shootout』でもアグレッシブなチャージが話題になっていたべサニーは、R2でブリサ・ヘネシーとキャロライン・マークスと対戦。ブリサに続いて2位通過を果たし、R3へ駒を進めている。

R3への進出を決めたべサニー Photo by Tony Heff/WSL

なお、『Billabong Pro Pipeline』はこれまでに男女ともにラウンド2までが終了。メンズは、五十嵐カノア、ケリー・スレーター、ジョン・ジョン・フローレンスをはじめ経験ある選手が順当に勝ち上がっている一方、ウィメンズはキャロライン・マークスとコートニー・コンローグが敗退している。

ネクストコールは現地時間1月31日午前7時50分(日本時間2月1日午前2時50分)。ライブ配信や細かなヒート表は以下より。
https://www.worldsurfleague.com/events/2022/mct/3885/billabong-pro-pipeline

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。