Photo by Brent Bielmann/World Surf League

「ジョンジョン遂にパイプ初勝利。タイラーは史上初パイプクイーン」-F+

F+(エフプラス)

ジョンジョン、長年の夢かなう、タイラー・ライト、女子史上初のパイプクイーン。
ま、ガチガチの結果かな。
男子は次元の違う3人と進化速度の次元が違うひとりのセミ4名。
ケリー、ジョンジョン、ガブはやってることの次元が他とまるで違うし、そこまではいかないけど、イタロのパイプバックドアのサーフィンの進化ぶりは、それはそれで別の意味での次元違い。アーリーラウンドでは結構番狂わせとかあったけど、後半は予想通りというか、こうなるしかない感じの初戦、パイプマスターズだったと思う。

Photo by Tony Heff/World Surf League

下はガブってのはわかり切ってたガチなところで、上はジョンジョンとケリーの勝ったほう、というのは誰でも予想できたことだと思う。まぁ、今シーズンはこの4人がタイトル争いのメインになっていくことも誰でも予想できるところ。ケリーはサンセットでいい感じだったことが私の記憶上では一度もないので、どうしても合わない波なんだと思う。よってどこまでついていけるかだけど、イタロのサンセットってのもイメージしにくいので、期待しにくいなぁ。でもまぁ、ジョンジョン、ガブ、イタロがこの先の時代、ツアーを引っ張っていくことになるんだろう。

Photo by Brent Bielmann/World Surf League

意外だけどジョンジョン初のパイプライナー、たぶんケリーにパイプのマンオンマンで初勝利。いつものケリーなら抜けられそうなバックドア1本あったけど、あれ抜けてればケリーの勝ちだったかな。
まぁ、でもこの試合でひとり、どのラウンドもしっかりとずば抜けたパフォーマンスをしていたのはジョンジョンだったと思う。大本命の圧勝。
ディテールを見ていると、本当に次元違いで、細かいスピード調整とかバレルの中での姿勢とかポジションとか、もうどうしようもないぐらい完ぺきだったと思う。恐れ入りました。
ずいぶん前にケリーとファイナルやったときには、まだまだ技術的にはケリーなんだな、って感じだったけど、技術は追いついたし、身体能力とか加味したら、越えたかな、とも思う。

Photo by Keoki Saguibo/World Surf League

女子は、マウイのシャークアタック事件で中断していたマウイプロをパイプでフィニッシュ。女子サーフィン史上初のパイプでの公式戦開催になった。おそらくこの先ずっとパイプで男女試合ってことになるんだと思う。いよいよ女子もあの波がやれないといけないことになったんだな。キッツイなぁ。誰もケガしないことを願います。
タイラー・ライトとカリッサ・ムーア、しばらく休んでたふたりのファイナル。このふたりはパイプでまた女子のハードルをあげたように思う。アナザーレベル。

F+編集長つのだゆき

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。