Photo by snowy

ベルズは午前中しばりで風のいいコンディション部分だけ連日取る作戦

そうでたかぁ……
午前中しばりで風のいいコンディション部分だけ連日取る作戦?少なくとも昨日、今日はそうだったね。メンズラウンド3の1から6までで終了だもん。なんかもっとできそうだったけど、意外にも止めたね。

オフィシャルフォーキャストのサーフラインの言ってることというのは、過去の経験上運営サイドの希望的観測を反映していることが多く、今回は連日、少なくとも午前中はいい、というのが何日か続く感じで出ていた。どこ取るのかなぁと思っていたけど、午前中さらっとけ、って感じ? まぁ、この先波はこのレベルでずっとあるので、問題は風だけだから、刻むのも可能だけどね。昨日4ヒート、今日6ヒート。ま、毎日このぐらいだと私の身体も楽ですけどね。

Photo: ©snowy

ジョーディ、ジュリアン敗退。ミックはデビューの時のように着々と仕事をし、着々と勝ち進んでいる感じ。今日もギャラリーのミックシフト半端なかった。

ミシェル・ボレーズ

ベルズにはパワーヒッターが似合うわけだけど、今日はウエイド・カーマイケルとミシェル・ボレーズの重戦車部隊が強烈だったな。スプレー真っ白。そのパワー勝負はラウンド4での直接対決で明らかになる。このふたりに好調のオウエン・ライトという3人ヒートはちょいと興味深い。オウエン、明らかに昨年とは違う感じで、地に足がついた戦いぶり。波の選択も恐ろしくいいし、ミスがない。ただ、パワー勝負となるとどうかな。

ミック・ファニング Photo: ©snowy

ミックはウイルコとパット・ガダスカスでラウンド4。
明日は波が上がりそうなので、朝7時からできるとこまで突き進むんだろうと思う。ジョン様朝イチヒート。その次が今回気合入りまくりな感じがするパーコ。ミックとはファイナルまで当たらないので、このクーリーキッズファイナルになれば、ますます鳥肌。涙、涙の表彰式……みたいなドラマ作りにはこの低いスコアラインは便利だわね。5点から7点の狭いスコア幅の中にほとんどのいいライディングが入るってことは、当然クロスヒートが多くなるし、わずか0.1の調整で勝敗が逆になるってことも出てくるだろうし……っていうのはオバサンの考えすぎなのかね。

F+編集長つのだゆき

COVER PHOTO: ヒート終了後、ミックとハグするシーバス ©snowy

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む