ラウンド2を1位通過した稲葉玲王 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida

一宮千葉オープン2日目。地元期待の稲葉玲王がラウンドアップ!

千葉県一宮町、釣ヶ崎海岸(通称:志田下ポイント)にて行われている、WSL QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』大会2日目。

本日は、朝から冷たい雨と共に強い東寄りの風でジャンクなコンディションの中、am7:00よりメンズ・ラウンド1の残り4ヒートよりスタート。その後ウィメンズのラウンド1全8ヒートが行われた後、メンズ・ラウンド2の8ヒートのみが終了した。

朝一のメンズ・ラウンド1では海外勢が強さを見せる中、ヒート23に登場した新井洋人、大野聖修が1・2フィニッシュでラウンド2へアップ。

続くウィメンズヒートも、波選びやポジショニングが難しいコンディションが続く中、実績のある選手らが勝ち上がっていく形となった。

そして迎えたメンズ・ラウンド2では、トライアルから勝ち上がり快進撃を続けている伊東李安琉が、第1ヒートを2位でラウンドアップ。

さらに第6ヒートでは、地元・一宮の稲葉玲王が今大会のトップシードとして登場。ハワイのタナー・ヘンドリクソン、フィン・マクギルなどの強豪を抑え1位でラウンドアップを果たすと、続く第7ヒートの河谷佐助も2位でアップし、一足先にベスト48となるラウンド3へ駒を進めた。

伊東李安琉 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida
伊東李安琉 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida
河谷佐助 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida
河谷佐助 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida

本日の夕方はさらに雨風が強まり明日はサイズアップ予報。
明日のファーストコールはam6:30、男女共にスタンバイ。今のところ朝・夕は雨予報ながら日中は曇り予報です。時間のある方はぜひ会場まで観戦に出かけよう!

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』オフィシャルサイト
http://www.worldsurfleague.jp/2019/icopen/


浦山哲也、田中樹、田嶋鉄兵ら地元先輩に見送られてヒートに挑む稲葉玲王 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida
地元の応援団からは大声援が贈られる Photo:THE SURF NEWS
ヒート終了後の稲葉玲王 Photo:THE SURF NEWS / Kenji Iida
冷たい雨の中でも駆けつけたファン Photo:THE SURF NEWS
次も頑張りますと笑顔でひとこと。Photo:THE SURF NEWS

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む