カイアス・キング Photo: WSL / MATT DUNBAR

国内最大グレードQSイベント「Ichinomiya Chiba Open」出場の注目若手サーファー

優勝すれば10,000ポイント獲得となるQS10,000イベントに次ぎ、QSイベントとしては2番目にグレードが高いQS6,000イベント「Ichinomiya Chiba Open」。

会場は2020年東京五輪の開催地、志田下というサーフスポット名で知られる千葉県の釣ヶ崎海岸で、ウェイティングピリオドは4月29日~5月5日の設定。

同イベントは日本国内で開催されるQSイベントとしては最もグレードが高く、CT入りを目指す世界中のQSトップサーファーが来日します。出場予定となっている元CTサーファーは以下の通り。

・イーサン・ユーイング
・マット・バンティング
・パトリック・グダスカス
・タナー・グダスカス
・ミゲル・プポ
・アレックス・リベイロ
・ディオン・アトキンソン
・ナット・ヤング
・コナー・オレアリー
・スチュアート・ケネディ
・マイケル・フェブラリー
・フレデリコ・モライス
・キアヌ・アシン
・ダスティ・ペイン
・マット・ウィルキンソン
・ミッチ・クルーズ

現時点においてコンテストシーンにおける世界のトップ34しか参戦できないCT経験を持つサーファーが16名も来日予定なので、それだけでもいかにビッグイベントであるのかが分かります。

上記サーファーはすでにスポットライトを浴びるワールドツアー経験者として知名度が高いので、今回は今後サーフィン界のスターになり得る可能性が高い若手サーファーを紹介します。

会場を訪れる方は、ヒート終了後にサインを求めて見てはいかがでしょうか。

Mateus Herdy マテウス・ハーディ

次世代ブラジリアンストームの筆頭と言えるマテウス・ハーディ「Mateus Herdy」(18歳)。昨年2018年はワールドジュニアチャンピオンに輝き、QSランク18位とCT入り目前となる活躍を見せました。

スポンサー事情も興味深く、マテウスのメインスポンサーはレッドブル。レッドブルは数々のCTサーファーをスポンサードしていますが、大半のサーファーは基本的にアパレルブランドがメインスポンサー。

レッドブルがメインスポンサーのCTサーファーと言えば、コロヘ・アンディーノとカリッサ・ムーアであり、レッドブルがマテウスを次期スターと考えたからこそ強力なサポートをするに至ったと言えます。

その期待通り、今季CT初戦ではクイックシルバーのスポンサー枠でワイルドカード出場して17位、CT初戦と同時開催となったレッドブルエアボーンではファイナル進出を果たしています。

Reef Heazlewood リーフ・ヒーズルウッド

QSサーファーでありながら、ここ最近は立て続けにワイルドカード出場しているCTで早くも注目を集めているオーストラリア出身のリーフ・ヒーズルウッド「Reef Heazlewood」(19歳)。

ゴールドコーストで開催されたCT初戦はトライアル優勝で本戦出場を決め、本戦では9位となり、同時開催されたレッドブルエアボーンでは準優勝、再び出場となったCT第2戦では17位となっています。

昨年終わりにメインスポンサーを失ったものの、CT初戦での活躍によりハーレーというメインスポンサーを獲得したりと、何かと話題となっているホットなサーファー。

Barron Mamiya バロン・マミヤ

オアフ島ノースショアをホームとし、次期ジョンジョン・フローレンスとも言われているバロン・マミヤ「Barron Mamiya」(19歳)。

ハワイアンで「マミヤ」という名字から分かる通り日本人の血が流れていて、Varialサイトにて国籍が「Japanese and Caucasian」と表記されています。

昨年はQSランク36位となり、フリーサーフィンではビッグエアーが注目されるバロンですが、真骨頂はホームであるパイプラインでのビッグバレルの強さ。

だからこそ、次期ジョンジョンとの呼び声が高く、注目の若手ハワイアンとしてワールドツアー入りを期待されています。

Kyuss King カイアス・キング

幼い頃からホームであるオーストラリアではスーパーグロムとして取り上げられてきたカイアス・キング「Kyuss King」(18歳)。

父親が好きだったロックバンド「カイアス」から名前を付けられ、ロックな魂も受け継いだのか若い頃から存在感は異彩を放っています。

コンテストよりもフリーサーファーの方が似合うほどオーラが際立っていますが、昨年はQSランクでトップ100に入ったので、今年はハイグレードなQSイベントで頻繁に姿を見ることになるでしょう。

World Surf Movies

公式サイト「Ichinomiya Chiba Open|World Surf League

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む