PHOTO:© Tom Servais

<訃報>元CT選手のクリス・ブラウンがサンタバーバラで死去

パイプラインで事故の末に亡くなったマルクス・ビジュの訃報をお伝えしたばかりで心苦しいが、またしても悲しいニュースが入ってきた。

80年代後半から90年代のワールドツアーでケリー・スレーターのライバルの一人だったクリス・ブラウンの訃報。

享年48歳。
詳細は不明だが、1月19日の土曜日の夜に自宅から近いカリフォルニア・サンタバーバラのヘンリーズビーチで発見。
サーフィンはしていなく、頭部外傷が見られることを考慮すると崖の上から落ちた可能性があるとのこと。

LAで生まれ、サンタバーバラで育ったクリスのニックネームは「ブラウニー」
世界有数のライトのポイントブレイク「リンコン」でトム・カレンを見ながらスタイルを磨き、世界の舞台で活躍。
「Billabong」や「Body Glove」などのビッグスポンサーを得ていた。
ローワー・トラッセルズでの『Body Glove Surfbout』というイベントではケリーとファイナルで対戦した経験もある。

ツアー引退後はマーヴェリックスなどのビッグウェーブに熱意を注いだ一方、サンタバーバラでウニを捕獲するダイバーとして生計を立てていた。
サンタバーバラは沖合いのチャネルアイランドの影響で魚影が濃く、昔から漁業が盛んな土地。
サーファーから漁師に転身するのはごく自然なことだそうだ。

(ツアー引退後はビッグウェーブに熱意を注いだクリス・ブラウン)

PHOTO:© Burkard

クリス・ブラウン突然の訃報を聞いてInstagramでは、キース・マロイ、サニー・ガルシア、クリス・デル・モロ、ジョエル・チューダー、その他にも多くのサーファーが追悼ポストをしている。

私達はあなたの笑顔と情熱を寂しく感じるでしょう。若い頃、クリス・ブラウンを本当に尊敬していたよ。1980年後半〜90年前半にケリー・スレーターを倒せる唯一の人物だった。マーヴェリックスにチャージをしていたし、漁師になった…。凄いレジェンドさ。長年に渡る友情に感謝する。Ps. 死因について詳細は知らないんだ。
キース・マロイ

クリス・ブラウンの訃報を聞いて悲しいよ。彼は素晴らしいサーファーであり人間だった。彼とは1983年にNSSA出場のために初めてカリフォルニアで出会ってから多くの時間を過ごした。サンタバーバラの彼の自宅に滞在して、アル・メリックを紹介してもらったんだ。
RIP brother Heaven gained another angel.

サニー・ガルシア

サンタバーバラのレジェンドをリスペクトする。子供の頃、彼のスムースでリラックスしたスタイルに憧れていたよ。有名なラウンドハウスカットバック、全体的なスタイルを見て学んでいたんだ。
RIP to a Californian sea.

クリス・デル・モロ

R.I.P. Chris Brown.

(空海)


関連記事:
<訃報>マルクス・ビジュがパイプラインの犠牲者に…

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む