パレードの様子 Photo: ISA / Sean Evans

過去最高120名が参加。障がい者サーフィン世界選手権、大会2日目が終了。

12月12日から16日までカリフォルニアで開催されている「2018 Stance ISA World Adaptive Surfing Championship(障がい者サーフィン世界選手権)」のコンテスト2日目までの様子をレポート。

また、今年で4年目となる本大会の部門分けについても解説する。


アダプティブサーフィン6つの部門

ISA(国際サーフィン連盟)のアダプティブサーフィンは、以下6つの部門が設けられている。

AS-1: 立つことができるサーファー(軽度障害)
AS-2: 立てるもしくは膝立ちできるサーファー(重度障害)
AS-3: 座って乗るサーファー
AS-4: うつ伏せで乗るサーファー
AS-5: パドルアウトに補助が必要で立てないサーファー
AS-VI: 視覚障がいのあるサーファー

更に、それぞれオープンジェンダー(性別を問わない)/ウィメンズ(女子のみ)の部門に分けられている。

2015年から始まった本大会は、2016年までは男女混合部門だったが、2017年にウィメンズ部門が独立。今年は、ウィメンズ選手のスコアも国別チームポイントとして加算されるようになったほか、AS-VIでもウィメンズ部門ができた。


過去最高120名の選手が参加した開幕式

Photo: ISA / Sean Evans

現地時間12日の大会初日には開幕式とパレードが行われ、24カ国120名の選手が参加した。

今年の参加者総数とウィメンズの参加者は、ISAのアダプティブ世界選手権史上最高となり、本大会が初めて行われた2015年に比べ、75%の増加率の目覚しい成長を遂げている。

開会式中に行われるサンドセレモニーで、日本代表からは、昨年AS-1男子で銅メダルを獲得した伊藤建史郎が旗手を務め、AS-1女子・金の内田一音が砂を運んだ。

サンドセレモニー Photo: ISA / Chris Grant

試合1日目

開会式後、試合1日目がスタート。初日はAS1とAS2のラウンド1が行われた。

この日のハイエストスコアは、AS-1に出場したJonathan Borba(ブラジル)が出した、9+8の17ポイント。

伊藤建史郎 Photo: ISA / Chris Grant

日本代表の結果は以下の通り。

AS-1
男子R1H5 伊藤建史郎 1位
男子R1H6 山本力也 4位
AS-2
男子R1H2 勝倉直道  2位
男子R1H5 小林征郁 1位

試合2日目

試合2日目となる現地時間13日は、全12部門中10部門が実施された。

女子AS-4に出場したSamantha Bloom(AUS)が、この日のハイエストヒートスコア16.50ポイントを記録。
2016年大会の金メダリストAntony Smyth(南アフリカ)も、AS-1部門でヒートトータル16.33と高得点をマークした。

視覚障がい者部門となるAS-VIも実施され、パラリンピックの走り高跳びや自転車競技のメダリストであり、パラスポーツ界のレジェンドと称される葭原滋男も登場。日本で初めての視覚障がい者枠で出場した。

AS-4で出場した鈴木しほ Photo: ISA / Sean Evans

日本代表の結果は以下の通り。

AS-1
男子R2H7 伊藤建史郎 3位
男子R2H7 山本力也 2位
女子R1H2 内田一音 1位
AS-4
女子R1H1 鈴木しほ 3位
AS-5
男子R1H1 藤原智貴 3位
AS-VI
男子R1H2 葭原滋男 3位

 


大会3日目は、現地時間12月14日7時~(日本時間12月15日午前0時~)行われる。

▼ライブ配信や結果一覧は以下から

『2018 Stance ISA World Adaptive Surfing Championship』公式サイト

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む