Photo: snowy

「下剋上を狙う若手サーファーにとても有利なCS出場選考」- F+

F+(エフプラス)

今週は志田で国内唯一のQSイベント、QS1000アジアオープンが行われている。国内では2年ぶりぐらいのギャラリーを入れた試合となる。
そしてもうひとつ革新的なのは、入場者からお金を取る有料イベントということ。リストバンドひとつ1000円、大会期間中有効。収益は選手の賞金へ回るという。一宮町サーフィン業組合加盟ショップで販売しているとのこと。とはいえ観客用の駐車場の用意がないので、ハードルはそう低くない。観戦有料試合って海外ではあるけど、日本では初かな。どうビーチをクローズするのかね。まぁ、オリンピックの時だって横から見れたしな。でも有料って悪い試みではないと思う。プロスポーツ興行として観戦無料っていうほうが不健康だから。

Photo: snowy
志田下に新しい駐車場が完成(100台ほど駐車可能とのこと)。期間中は関係者専用になる。 Photo: snowy

コロナの影響で、チャレンジャーシリーズ(CS)に出られる選手の決め方が今までと違っていて、リージョンごとに人数を割り振られて、リージョン内での結果いかんでCSに出られるシードが決まるという、ある意味大多数のイケてないサーファー、下剋上を狙う若手サーファーにとても有利な状況になっている。
例えば日本国内で5試合とか10試合とかあれば別だけど、今のところこの試合ひとつでおそらくメンズなら3位以内に入ればCS出場権ゲットということになると思う。これってすごいことだと思う。

何度も言うように、試合というのは何が起きるかわからないし、たまたまその日、その場所で、そのコンディションで、その日のジャッジの好きなサーフィンをした人が勝つものであり、実力通りにはいかないことのほうが多い。他のすべての試合でイチコケでも、この試合だけ3位以内に入ればいいって、本当に今世紀2度とないチャンスではないかな、と思う。逆に、CS常連組の稲葉、大原、村上(五十音順(笑))あたりにしてみたら、何があっても取りこぼしのできない、結構プレッシャーのかかる試合になると思う。ヒート組によっちゃつぶしあいになる場面も出てくるだろうし、なんかぁ、1試合で決めるってどうなんだろうね。それ、CTのファイナルズも同じだけどね。逆に下々のものから見ればフェアといえばフェアだけど。
でもやはり個人的に女子に甘いかな、と思う。競技人口総数が半分ぐらいなのではないかと思われるにもかかわらず、女子も同数のCS枠って、やっぱりすんなりとは呑み込めない。広き門。ジェンダー平等って、なんだかなぁ。チャンスが広いことが悪いとは思わないけど、狭き門よりレベルが薄まるってのも現実だし。

オフィシャルサイトで見た予告編のインタビューに取り上げられてたのは一宮町在住の稲葉、岩見、大原(五十音順(笑))、若手の岩見天獅は最近大プッシュ中かな、と思う。どこで誰が押してるのかはわからないけど、何かと名前が出てくるし、昨年のJPSAとかではやけに点高いな、と思うこともしばしばあった。有望若手の筆頭という扱いなんだろう。よく志田で見かけるけど、体形もサーフィンも子供から大人に移行中という感じ。ルックスも子供子供した感じが取れて、う~ん、天獅も大人になったのね、って感じだけど、それよりなにより、どんどん大原パイセンに似てきていて、予告編のインタビューだと見分けつかないじゃん、ってぐらいで笑かしてもらった。見てみ、似てるから(笑)。
前にそのことを本人に言ったけど、本人は笑ってました……って笑うしかないか。怒ったらパイセンに失礼だしね(笑)。

まぁ、そういう試合なので、懐かしいところもけっこう出てきていて、練習の時に海で見かけたりして、しばし懐かしく話をした。大野修聖、高梨直人あたり。あぁ、このふたりのファイナルとかあってもいいなぁ(笑)。

Photo: snowy
Photo: snowy

F+編集長つのだゆき

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。