村上舜がR4進出! QS6000『一宮千葉オープン』ベスト24決定。今後の見どころなど。

2018年5月21日(月)から本戦が始まったQS6000『Ichinomiya Chiba Open』。

2020東京オリンピックのサーフィン会場である千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(通称:志田下ポイント)を舞台に、連日ハイレベルな戦いが繰り広げられている。

本戦3日目、本日23日(水)はメンズのRound3全ヒートが終了。R3時点で日本人選手残り3人となっていたが、大原洋人、大橋海人は敗退。村上舜が唯一ラウンドアップとなり、今大会ベスト24名が出揃った。

村上舜 Photo: ©WSL / KAWANA

■今後の見所

明日以降はヒートフォーマットが変わり、Round4は3名ヒートの2名アップ、Round5以降は1vs1のマン・オン・マン形式となり更に選手が絞られていく。

注目選手は、昨年までCTに参戦していた、レオナルド・フィオラバンティ、ミゲル・プーポ、スチュアート・ケネディ、ジャドソン・アンドレなど。
他にも、ライアン・キャリナン、アレホ・ムニーツ、マット・バンティング、リカルド・クリスティなど、「元CT組」の選手は多く残っており、日本期待の「村上舜」が、世界の競合を相手にどんな戦いを見せるかに注目がかかる。

コンテスト4日目となる明日は、ウィメンズのQS1000が開始予定。
試合の様子は、現地会場またはライブ配信でチェックしよう。

また、26日(土)~27日(日)は、JR上総一ノ宮駅から会場までの無料送迎バスも運行予定。
是非、会場にも足を運んでみては。

例年よりレベルアップしていた大会本部。

昨年は有料だった観客席も、今年は無料で一般開放されている。

初日のヒート1と並行して、祈祷式が行われた。

ミッチー・クルーズ、ライアン・キャリナン、イーサン・ユーイング、ジャック・フリーストーン、ミッチ・コレボーン。海外のトップ選手も、会場周辺でスタンバイ。

ラウンド3へ進出した日本人は3名のみ。志田下がホームの大原洋人は今大会を37位でフィニッシュ。

ラウンド1から登場した大橋海人も、ラウンド3にて惜しくも敗退。

地元の小学生達も授業の一環で応援に。大会期間中、一宮町内の小学校5校が見学予定。

本部裏のブースで、サーフボードのフォームに触れる東浪見小学校の生徒たち。

元CTサーファーのレオナルド・フィオラバンティ。先日サーフランチで行われた『Founders’ Cup of Surfing』にはヨーロッパ代表として出場していた。

ミッチ・クルーズ「ここの波は、何が特別って訳じゃないけど、悪くはないよ。これで日本は8回目だけどいつも日本は楽しいんだ。」

ジャック・フリーストーン「日本に来たのは初めてだけど、オーストラリアと比べても、ここの波はパーフェクト!」

R2後のインタビューを受けるミゲル・プーポ。「僕の親戚も日本人だから、ここで勝てたのは嬉しい。」

ジャドソン・アンドレ「ここの波はいいね。今日は少しサイズダウンしちゃったけど、初日は特に良かったよ。」

2020東京五輪サーフィン会場になっている釣ヶ崎海岸。

会場周辺には大会フラッグがずらりと掲げられている。

会場の視察陣。オリンピックの会場整備に向け、今大会期間中に千葉県警も視察に来ていた。

QS6000『Ichinomiya Chiba Open』のライブ中継や波情報は、以下公式サイトでチェック。
WSL JAPAN 公式ホームページ

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む