▼フルムービーはこちら Photo/Movie Kenji Iida

将来のプロサーファーを育てる千葉のキッズコンテスト「白渚fe グロムチャレンジ Present by PADROL」が開催

今年、第2回開催を迎えた千葉のキッズコンテスト「白渚fe グロムチャレンジ present by PADROL」が、南房総市の白渚(しらすか)ポイントにて、11/20(土)に開催。

将来のサーフィン界を担っていくであろう、キッズ/ボーイズ/ガールズクラスの注目選手達が多数参加する中、小栗碧壬、強矢凛太郎、鈴木莉珠が各デビジョンで優勝。
子供達が主役のアットホームなコンテストではあるが、3名全員が第1回大会で入賞するも優勝を逃しており、それぞれがリベンジを果たした形となった。

トップサーファーを目指す子供達に活躍の場を

2020年よりスタートした本大会は、千葉で活動しているキッズサーファーを中心とするコンテストで、エントリー費は無料。

コロナ禍によりサーフィンコンテストが激減してしまった現状を鑑み、プロサーファーを夢見て切磋琢磨する子供達に活躍の場を作りたい、伸び盛りのこの時期にモチベーションを高めてほしい、そんな思いが根底にあり、PADROLをはじめ様々な企業、普段から白渚でサーフィンをしている大人達で企画された。
キッズコンテストといえど、試合はライブ映像やライブスコアも配信されており、さながらプロコンテスト並みの内容だ。

また、大会当日は小川幸男、大音凛太、岩見天獅、松原渚生ら多くの現役プロサーファーも参加して、エキシビジョンマッチも開催。
現役トッププロ達が同じ波に乗り試合を行うことでも、子供達に沢山の刺激を与えたイベントとなった。

ボーイズ優勝の小栗碧壬
キッズ優勝は強矢凛太郎
ガールズ優勝の鈴木莉珠
エキシビジョンマッチは佐藤利希が優勝

なお、第1回となる昨年大会はジュニアクラスも開催されており優勝は松原渚生、ガールズクラスでは松岡亜音が優勝しており、既に第一線で活躍しているプロサーファーも多く輩出。
今大会の入賞者や出場選手達の今後の活躍にも期待したい。

Movie: Kenji Iida

白渚fe グロムチャレンジ Present by PADROL 結果

◆ボーイズクラス
優勝 小栗 碧壬
2位 鈴木 亜麻
3位 新井 央真
4位 秋山 大晴

◆キッズクラス
優勝 強矢 凛太郎
2位 佐藤 頼斗
3位 藤原 大
4位 田中 志門

◆ガールズクラス
優勝 鈴木 莉珠
2位 石井 有沙
3位 清水 ひなた
4位 松山 黎音

◆エキシビションマッチ
優勝 佐藤 利希
2位 守城 海
3位 大音 凛太
4位 小川 幸男

instagram
https://www.instagram.com/shirasucafe_official/

本大会は白渚ポイントから歩いてすぐのカフェレストラン「白渚fe」が主催
大会MCは小川幸男とHIP HOPアーティストのPES
メインスポンサーである「PADROL」の商品
多くの大会スポンサーに支えられて第2回コンテストが実現
MCブースには JPSA 2021年グランドチャンピオンの西慶司郎も駆けつけた
同じく2021年JPSAグランドチャンピオン、前回大会優勝の松岡亜音も登場
MCを務めた小川幸男はエキシビジョンマッチでもファイナル進出
大会の模様はライブ配信され、ライブスコアもチェック可能
ボーイズクラス:優勝 小栗碧壬、2位 鈴木亜麻、3位 新井央真、4位 秋山大晴
キッズクラス:優勝 強矢凛太郎、2位 佐藤頼斗、3位 藤原大、4位 田中志門
ガールズクラス:優勝 鈴木莉珠、2位 石井有沙、3位 清水ひなた、4位 松山黎音
エキシビションマッチ:優勝 佐藤利希、2位 守城海、3位 大音凛太、4位 小川幸男

Photo/Movie:Kenji Iida

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。