Photo: THE SURF NEWS

『第1回ジャパンオープンオブサーフィン』初日

5月6日、2020年東京オリンピックの競技会場となる千葉県一宮町・釣ヶ崎海岸(通称:志田下ポイント)にて、 『第1回ジャパンオープンオブサーフィン』の初日が行われ、男女各12名がラウンド3へ駒を進めた。

波はモモ~セット腰程度、朝から風の影響が入ったスモールコンディションの中、9:30過ぎから男子ラウンド1、女子ラウンド1の計8ヒートを実施。20分間の4人ヒートが行われ、1位通過した大原洋人、安室丈、伊東李安琉、上山キアヌ久里朱、川合美乃里、橋本恋、都築有夢路、脇田紗良が一足先にラウンド3への進出を決めた。

本日の男子ハイエストヒートスコアを出しラウンド3進出を決めた大原洋人
Photo: THE SURF NEWS
女子ラウンド1のハイエストヒートスコアは脇田紗良
Photo: THE SURF NEWS

その後、12:45頃から試合はOn Hold(一時中断)。潮が上げてきた13:30にネクストコールとなり、13:50に試合が再開。

敗者復活戦となるラウンド2は20分、3人ヒートとなり、1~2位の選手がラウンド3へ進出。3位は13位で敗退となり、明日のファイナルデーを戦う男女各12名の選手が確定した。

明日はAM6:30ファーストコール。AM7:00 競技開始予定、 PM 15:00 表彰式予定。

昨年のISAジュニア金メダリスト、上山キアヌ久里朱。 Photo: THE SURF NEWS
松田詩野 Photo: THE SURF NEWS

■ラウンド3進出選手
男子
R3H1:大原洋人、平原颯馬、石川拳大
R3H2:安室丈、村上舜、大橋海人
R3H3:伊東李安琉、稲葉玲王、田中大貴
R3H4:上山キアヌ久里朱、新井洋人、加藤嵐

女子
R3H1: 川合美乃里、黒川日菜子、西元ジュリ梨乃
R3H2:橋本恋、中塩佳那、大村奈央
R3H3:都築有夢路、松田詩野、 松岡亜音
R3H4:脇田紗良、野中美波、庵原美穂

ヒート表・詳細スケジュール・ライブ中継は公式サイトで。
ジャパンオープンオブサーフィン公式サイト:
https://japanopenofsurfing.jp/

田中樹コーチのもと落ち着いた試合運びでラウンド1を1位通過。川合美乃里 Photo: THE SURF NEWS
注目の前田マヒナは苦手とするスモールコンディションで実力を発揮できず敗退。Photo: THE SURF NEWS
沢山の報道陣がビーチでカメラを構える。Photo: THE SURF NEWS

なお本日のヒート終了後には、平井大のアコースティックライブも実施。これを目当てに夕方ごろから観客も増加し、 出場選手や観客それぞれが心地良い音楽とサンセットタイムを楽しんでいた。

Photo: THE SURF NEWS

今回のジャパンオープンは、五輪への選考会の1つとして位置づけられている一方で、五輪で行われる「サーフィンフェスティバル」を意識したような会場づくりもされていた。音楽ライブのほか、開会式での選手紹介や、各ヒート開始前の選手コール、飲食ブースなど、フェス的な賑わいが演出された。

このジャパンオープンは、5月6日から7日の2日間にわたって開催され、今年3月に行われた「サーフィン日本代表強化合宿」で選出された日本のトップ選手男女各16名が参加。優勝者は、五輪選考会も兼ねている9月の『ISAワールドサーフィンゲームス』の出場権を獲得する。

各ヒート開始前にはステージ上で選手名をコール
Photo: THE SURF NEWS
「On Holdの時に軽く体を動かしていて調子よくなりました」稲葉玲王
Photo: THE SURF NEWS
「合宿ではとても悔しい結果だったので、このリプレイスメントのチャンスを最大限に生かしたい。」 平原颯馬
Photo: THE SURF NEWS
avexプロデュースの「The Day.」 空間には飲食ブースやスポンサーブースが並ぶ
Photo: THE SURF NEWS
平井大のライブ目当てに来場した観客も多数
Photo: THE SURF NEWS
サーフィン帰りに立ち寄った白シャツ×デニムが爽やかな4人組「試合観戦は初めて」
Photo: THE SURF NEWS
波乗りピカチュウとNSA酒井理事長
Photo: THE SURF NEWS

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。