鈴木彩加が日本人初ボディボード世界チャンピオンに

10月10日、ボディボードの世界プロサーキットである「APBワールドツアー」の2018年Womensツアーが、ポルトガルのナザレで終了。

湘南・茅ヶ崎をホームとする鈴木彩加が、日本人初のボディボード世界チャンピオンに輝いた。

APB史上初!ワールドタイトルをかけたスーパーヒートへ

2018年Womensツアーの最終戦は『NAZARE PRO 2018』。

鈴木彩加のほか、イザベラ・ソーサ(ブラジル)、ジョアナ・シェンカー(ポルトガル)、アレクサンドラ・リンダー(カナリア諸島)の4名にワールド・タイトルの可能性は残されていたが、セミファイナルで大原沙莉に敗れて3位。

ファイナルではアレクサンドラ・リンダーと大原沙莉が対決。大原沙莉が優勝すれば鈴木彩加のタイトル確定というシチュエーションだったものの、優勝はアレクサンドラの手に。

これにより、鈴木彩加とアレクサンドラのツアーランキングが同点になり、APBワールドツアー史上初のスーパーヒートが実施されることに。

このマンオンマンのヒートを制した者がワールドタイトルを獲得するという展開を、世界中のファンが見守った。

波は4-6フィートのジャンクなショアブレイクコンディションの中、落ち着いた試合運びをみせ、鈴木彩加が見事世界チャンピオン座を手に入れた。

鈴木彩加コメント
皆様、沢山の応援を本当に本当にありがとうございました!
長い道のりでしたが、こうしてやっと私の長年の夢であった世界チャンピオンになることが出来ました。
また、諦めずコツコツと進んでゆけば必ず夢は叶えられるということをこうして証明することが出来て嬉しいです。
本当に沢山の方々にお世話になって、応援してもらって、私を支えてくれているみんなで取った世界チャンピオン。
本当に嬉しいです!
もう一度、皆さま応援ありがとうございました!
ですが、これで終わりではありません。
鈴木彩加、まだまだ次のレベルへと進んでいきます!

NAZARE PRO 2018結果

1位:アレクサンドラ・リンダー(カナリア諸島)
2位:大原沙莉(日本)
3位:鈴木彩加(日本)
3位:ジョアナ・シェンカー(ポルトガル)

APBワールドツアー Women 2018年最終ランキング

1位:鈴木彩加(日本)
2位:アレクサンドラ・リンダー(カナリア諸島)
3位:イザベラ・ソーサ(ブラジル)
4位:ジョアナ・シェンカー(ポルトガル)

APB公式サイト

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む