Photo: THE SURF NEWS

31年の歴史ある大会「サザンカリフォルニア・ジャパニーズ・サーフィンコンテスト2018」開催

10月7日(日)、カリフォルニア・サンクレメンテで「第31回 サザンカリフォルニアジャパニーズサーフィンコンテスト2018」が開催された。

開催場所は、Church(チャーチ)ポイント。世界的にも有名なトラッセルズの一番南に位置するポイントで、ここでのコンテスト開催を希望する団体は多く存在する。

しかし、この場所で1年間に開催できる大会の数は限られており、そのなかで日本人主催のコンテストが30年以上も続けられている。

主催するのは、QSやJPSAでも活躍するカリフォルニア在住の日本人プロサーファー小林正&桂兄弟の父・小林正樹氏。

今年で31年目を迎えるこの大会には、在米日本人を中心に、ハワイや日本からも多くの人がエントリーし、参加者のレベルもトッププロから一般サーファーまで様々。当日は小林兄弟も参加し、アットホームな雰囲気の中、朝7時から17時まで全8クラスの試合が行われた。

31年の歴史を持つジャパニーズサーフィンコンテスト

「カリフォルニアに暮らす日本人同士が、日本とは言葉も風習も違う土地でそれぞれ苦労を重ねるなかで、いつまでもサーフィンを続け、公私共に助け合い、切磋琢磨していけるように」という思いから、Southern California Surf Associationが1988年11月にサンオノフレで初めての大会を開催。

以降毎年1回継続して開催され、当初は30名ほどだった参加者は150人超になるまで成長し、増加の一途を辿っている。

写真右がチャーチポイント。奥がサンオノフレ。
Photo: THE SURF NEWS

チャーチポイントでの開催が許された数少ない大会

1993年、現在のコンテスト会場であるサンクレメンテ・チャーチポイントでの開催が実現。

サンオノフレの北に位置するチャーチポイントは、アメリカでも有数の質の良い波が立つポイントとして有名で、このポイントでのコンテスト開催希望団体が後を絶たない。世界大会を開催しているサンクレメンテ市では、年に6回のみコンテストを行うと言われている。

このジャパニーズサーフィンコンテストが31年もの間、この地でコンテストを継続して開催できているのは、関係者の方々が地域社会に根を下ろし地元の人々と交流し、長い年月をかけて理解を得ていることの証でもある。

ビーチにはトラッセルズエリアのポイントガイドが掲示されている。
Photo: THE SURF NEWS

トッププロからビギナーまで参加するアットホームなイベント

「サザンカリフォルニアジャパニーズサーフィンコンテスト2018」には、スペシャルクラス、マスター、レジェンド、メン、ロングボード、ウィメン、キッズ、ビギナーの合計8クラスが設けられ、各ヒート6人で、ヒート毎に3名が勝ち上がるフォーマット。ベスト2ウェーブの合計点で勝敗が決まる。

当日は、小林正&桂兄弟や、本大会のゴールドスポンサーLuvsurfの西井浩治プロも参加した。

レジェンドクラスにエントリーした西井浩治プロは、9ポイントライドを連発して圧勝。
Photo: Tatsushi Wakabayashi

足に怪我を負いながらも、当日急遽参加を決めたKei Kobayashi。
Photo: THE SURF NEWS

テントやパラソルを持ち寄り、家族や友人同士で観戦しながらビーチで1日過ごす人も多い。
Photo: Koji Nishii

スペシャルクラスのファイナルでは小林兄弟が対決。兄のShaw(黄)が1位、弟のKei(白)が3位。
Photo: Southern California Surf Association

会場ではBANZAI BOWLSによるアサイー・ボウルも無料で振舞われた
Photo: Koji Nishii

ただ順位を争うだけでなく「公私共々支えあい皆がサーフィンを続けていけるように」というアットホームで温かな空気を感じられるこのイベント。

ビギナークラスからトッププロまで幅広いレベルでエントリー可能で、アメリカ在住者はもちろん日本からの参加もOK。興味のある方は来年ぜひエントリーしてみては。2019年は10月13日(日)に開催予定。

サザンカリフォルニアジャパニーズサーフィンコンテスト2018 結果

Special Class
1st: Shaw Kobayashi 
2nd: Doug Van Mierlo 
3rd: Kei Kobayashi 
4th: Takumi Yasumiba 
5th: Keetin Devine 
6th: Mark Banzai
Master Class
1st: Manabu Ichikawa 
2nd: Naoki Ikeda 
3rd: Tatsushi Wakabayashi
4th: Ikuo Kaneko 
5th: Masaki Kobayashi 
6th: Masanobu Kashimura 
Legend Class
1st: Koji Nishii 
2nd: Kiyoshi Hatakeyama 
3rd: Masanobu Kashimura 
4th: Kensho Shida 
5th: Kanki Iwase 
6th: Yuji Yamaguchi 
Men Class
1st: Shaw Kobayashi 
2nd: Kei Kobayashi 
3rd: Takumi Yasumiba 
4th: Raiki Nishida 
5th: Makito Shito 
6th: Riku Sekino 
Longboard Class
1st: Kandai Otsuka 
2nd: Hideshiro Minami
3rd: Masahiko Fukasawa 
4th: Jiro Ikeda 
5th: Yoichi Fujiya 
6th: Minoru Nobata 
Women Class
1st: Mika Kosaka 
2nd: Momo Doko 
3rd: Kazumi Shimazu
4th: Miho Okasaki 
5th: Maki Misken
6th: Juli Yoshida
Kids Class
1st: Hira Gomibuchi 
2nd: Kizuna Maruyama 
3rd: Hana Bakker 
4th: Jiei Nishii 
5th: Gerrit Bakker 
6th: Sorato Hughes 
7th: Momoka Wakabayashi 
Beginners Class
1st : Yuta Kikuchi 
2nd: Takao Morikawa 
3rd: Minako Wada 
4th: Emi Kleiss 
5th: Minoru Tsuda 
6th: Kantaro Ishitani 
7th: Yusuke Arimura

コンテスト詳細:
サザンカリフォルニアジャパニーズサーフィンコンテスト
Southern California Surf Association

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む