ガールズU16でメインラウンドを勝ち進んでいる脇田紗良 PHOTO: ISA / Ben Reed

日本代表が団体で暫定1位をキープ!『2018 ISA 世界ジュニアサーフィン選手権』

カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『2018 ISA 世界ジュニアサーフィン選手権』はクライマックスが迫っている。

コンテスト4日目を終了した時点で全ての選手が残っていた波乗りジャパン。
快進撃はイベント中盤も続いている。

コンテスト5日目 日本代表 ボーイズU18が全て1位通過

現地時間10月31日のコンテスト5日目。
この日はラウンド3が行われ、ボーイズはメインラウンドのベスト16。ガールズはベスト12が決定。

波乗りジャパン、ボーイズU18は上山キアヌ久里朱、安室丈、森友二の全てが1位通過。
しかし、ボーイズU16では伊東李安琉、平原颯馬、金沢呂偉と全ての選手がリパチャージ行き。

ガールズU18は前日にハイスコアを出して好調だった野中美波が1位通過。
川合美乃里、西元ジュリはリパチャージ行き。

ガールズU16では脇田紗良、松田詩野がR4進出を決めた一方、中塩佳那はリパチャージ行き。

メインラウンドを勝ち進んでいる上山キアヌ久里朱
Photo: ISA / Ben Reed

昨年のお倉ヶ浜では日本人初の金メダルを獲得した安室丈も勝ち上がっている!
PHOTO: ISA / Sean Evans

日本代表ガールズU18で唯一メインラウンドを勝っている野中美波 
PHOTO: ISA / Ben Reed

コンテスト6日目 日本とアメリカが暫定トップ

現地時間11月1日、コンテスト6日目。

ラウンド4が行われ、ボーイズはメインラウンドのベスト8。ガールズはベスト6が決定。

波乗りジャパンはボーイズU18で上山キアヌ久里朱、安室丈がラウンドアップ。
ガールズU18は野中美波、ガールズU16では脇田紗良、松田詩野が次に進んだ。

その他のメンバーもリパチャージに残り、依然敗退した選手はいない。
参加している44カ国の内、全ての選手が残っているのは日本とアメリカ代表のみで、共に団体で暫定トップ。
全12名の選手の内、3名がイベントから姿を消したハワイ、オーストラリア代表は3位、4位と続き、5位はフランス。

安室丈を始め、ハワイのサマー・マセド、アメリカのアリッサ・スペンサーと3名の金メダリストがメインラウンドで勝ち続けている。

ガールズU16 脇田紗良、松田詩野がメインラウンドR5進出!
PHOTO: ISA / Ben Reed

6日目で全ての選手が残っているのは日本とアメリカのみ。開催国のアメリカは士気が高い。
ISA / Ben Reed

もちろん、波乗りジャパンもアメリカに負けず士気が高い!Go Japan!
ISA / Ben Reed

▼ライブ中継・ヒート表・結果一覧は以下から!
コンテストは、11月2日も実施予定。実施スケジュールは現地時間7:30am – 6pm[日本時間 翌深夜0:30~午前10:00]。

(THE SURF NEWS編集部)

見どころ徹底解説!『2018 ISA 世界ジュニアサーフィン選手権』-開催概要・日本代表・歴代チャンピオン-

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む