PHOTO:© WSL

51歳ピーター・メルがマーヴェリックス史上最高の波に乗った?

『O`NEILL WAVE OF THE WINTER』でも当たり年と言われている2020/2021ウィンターシーズン。

ハワイだけではなく、カリフォルニアでも冬のノーススウェルが豊富に入り、聖地でもあるマーヴェリックスにビッグウェーバーが集まっている。

マーヴェリックスの歴史的な波と言えば、今は廃刊となった米SURFER誌の1994年の表示を飾ったジェイ・モリアーティや、2010年のジェーン・ドリアンのバレルを思い浮かべることができるが、それを超える歴史的なシーンが2021年早々に誕生した。

2021年1月8日 ピーター・メルが歴史を変えた

2021年1月8日。

ハワイのノースショアにも巨大なノーススウェルが入っていたこの日、カリフォルニアもビッグウェーバーが喜ぶ特別な一日になった。

WSLの仕事のペースを減らし、父親からサーフショップを受け継いだピーター・メルは、その日息子のジョンと共にマーヴェリックスのラインナップに並んでいた。
ジョンがチャンネルで見守る中、ピーターは巨大なウネリにパドルを始め、ボトムターンからラインをセット、水の塊が覆い被ってくるのを待った。
その波はスラブと表現されるほど底掘れしてボウル状になり、完璧にバレルに包まれ、周囲のサーファーからの熱狂と共に高々と手を上げて感情を表現。
そのままジョンとハイタッチを交わしたピーターはしばし放心状態になったほど…。

このブレイクに人生を捧げているピーター・メルが先人とは全く違うレベルに達した瞬間だった。

何十年にも渡ってマーヴェリックスの波を記録してきた「Powerlines Productions」が撮影してYou Tubeに公開したこの動画はすでに50万回以上も再生されており、世界中から称賛のコメントが寄せられている。

「今日、目の前で見たことは言葉で表現するのは不可能だね。51歳で最高の波の基準を設定した父におめでとうと言いたい」
ジョン・メル

「今日、ピーター・メルはマーヴェリックスで史上最高の波に乗った。彼を誇りに思うよ。彼は周囲の人のために人生で多くの犠牲を払ってきた。あなたはロールモデルであり、インスピレーションの源さ」
ストライダー・ヴァシレフスキ

参考記事:Pete Mel Just Raised The Bar With An All-Time Barrel At Mavericks

(空海)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。