PHOTO:© TAKE SHELTER PRODUCTIONS(YouTube)

ジョン・ジョン・フローレンスがダブルウープにトライ!?

世界トップレベルのサーファーの間では今やスタンダードになっているエアリアル「アーリーウープ」
進行方向とは逆側に180°以上回るこのテクニックは難易度が高く、見た目も派手でハイスコアが出やすい。

更にスコアとは無関係のフリーサーフィンの世界では「アーリーウープ」プラスαの540°、通称「ダブルウープ」を数年前にマウイ島のアルビー・レイヤーがメイク。
アルビーは過去にエアーリバースのダブルスピン、マックツイストなど世界初の技を次々とメイクしてきたフリーサーフィン界の偉人でもある。

エアリアルと言えば、ガブリエル・メディナ、フィリッペ・トレドなどのブラジリアンのことを忘れてはいけない。
数年前のBSRリゾートの映像ではヤゴ・ドラがマックツイスト。
最近ではコロナ禍のフリーサーフィンでイタロ・フェレイラが「ダブルウープ」をメイクした映像を自身のInstagramにポストしている。

アルビー・レイヤーのYouTubeチャンネルで公開された「Cloud Chase」

今回紹介する動画はアルビー・レイヤーのYouTubeチャンネルで公開された作品「Cloud Chase」

アルビーを始め、同じマウイ島のフリーサーファー、マット・メオラとジョン・ジョン&ネイザンのフローレンス兄弟がマウイ島の海でひたすらトリッキーなエアリアルをする。
エアリアル向けの風が吹く中、4名のサーファーがアーリーウープ、エアーリバース、バックフリップなどを繰り返す爽快な映像だ。

海に入る前の車内、ジョン・ジョンはアルビーから「ダブルウープ」のトライを促されるが、結局そのチャンスはなく、アルビー自身が540°の「ダブルウープ(6:16)」をメイクして動画は終了する。

ネイザンを除く3名はここ数年サーフィンで負った重症に悩まされていたが、この「Cloud Chase」では全てを解消しているのに加え、お互いをプッシュして現代サーフィンの進化を知らしめている。
革新的なエアリアルの成功を目指す世界中のサーファーにとってこれ以上の良い教材はないだろう。

(空海)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。