大原洋人がFCSグローバルチームに加入!使用するハードウェアは全てFCSに。

2018年のWSLシーズン開幕直前、サーフ・ハードウェア・インターナショナルは、これまでFCSの国内ライダーとして契約していた大原洋人が、FCSグローバルチームの一員として契約したことを発表した。

洋人は、ジュリアン・ウィルソン、コロヘ・アンディーノ、フィリッペ・トレド、ジェレミー・フローレスと同じく、ハードウェアについては100%FCSを使用することになる。

「とても名声のあるチームと歴史あるブランドの一部に加われたことは光栄です。僕の夢は、日本代表としてベストを尽くして、CT に参戦することです。あらゆるFCS アイテムが、その目標達成を手助けしてくれると思います。」 大原洋人

サーフ・ハードウェア・インターナショナルは、「昨年のハワイアンシーズンで、洋人はハレイワやサンセットで良い戦績を残したもののCT へのクオリファイには届かなかったが、昨年1年間の洋人のサーフィンは彼の強さを表しているし、きっと2018 年に達成してくれるはずです。」とコメント。

昨年は惜しくもクオリファイを逃した大原洋人。今年はビッグウェーブでのサーフィンがキーとなる。

FCSブランドアンバサダーのリッチー・ラベットは、「洋人は全てを持ち合わせた選手です。彼のサーフィンはWCT のスタンダードレベルに達しており、私は彼のスタイルが大好きです。そして私の見解としては、出会った日本のサーファーの中で、彼がベストサーファーだと思っています。我々はこのビッグニュースに大いに期待しており、彼がFCS を象徴する選手になることを期待しています。」とコメントした。

昨年3位という好成績を残したQS6000を含むオーストラリアレッグのQSイベントから、洋人の今年のクオリファイに向けた戦いが始まっている。

www.surffcs.com

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊ニュースメールマガジン

国内外のサーフィンニュースを厳選して週1回まとめてお届け!サンプルを読む