『Drug Aware Margaret River Pro』ファイナル終了!


PHOTO: © WSL/Dunbar

現地時間4月9日、長いシーズンの序盤となるオーストラリアレッグのセカンドイベント『Drug Aware Margaret River Pro』が終了。
ウィメンズは前日に終了してサリー・フィッツギボンズ(AUS)がタイラー・ライト(AUS)を敗って久々の優勝。「サリースマイル」でファンを魅了していました。

一夜明けたメンズのファイナルデイは期待されていた「The Box」での開催にはならなかったものの、メインブレイクの「Surfers Point」は素晴らしいコンディション。
オープンフェイスでのマニューバー、ボーナスセクションのようなバレルもあり、世界最高峰のサーフィンレースにふさわしい締めくくりで主役になったのはジョン・ジョン・フローレンス(HAW)でした!

ジョン・ジョンはランキングでも開幕戦を制したオーウェン・ライト(AUS)を追い抜いてトップに立ち、数日後にベルズビーチで開幕する第3戦はイエロージャージで登場します。

ファイナルデイの詳細、ファイナリストのインタビューなどは追ってコンテストリポートでお伝えします!

『Drug Aware Margaret River Pro』結果
1位 ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)
2位 コロヘ・アンディーノ(USA)
3位 ジャック・フリーストーン(AUS)、フィリッペ・トレド(BRA)
5位 オーウェン・ライト(AUS)、ミシェル・ボウレズ(PYF)、エイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)、ジョーディ・スミス(ZAF)

WSL公式サイト

WSL公式facebook

この記事に 関連するタグ

この記事に関連するタグはありません。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む