Photo: Tokyo 2020

2020年東京オリンピック・サーフィンのテストイベントは、7/18-21に実施。

23日、東京2020組織委員会は、2020年東京オリンピックのテストイベントのスケジュール第3弾を発表。サーフィン競技は、2019年7月18日から21日の4日間にかけて、五輪会場である釣ヶ崎海岸(志田下)で行われることが分かった。

釣ヶ崎海岸 Photo: WSL

このテストイベントは俗に言うプレオリンピックと呼ばれていたもので、主目的は東京2020 大会の成功に向けて、主に競技運営および大会運営の能力を高めることと。2020年の大会本番で使用する会場・施設・設備の確認や、運営スタッフなどのテストに焦点があてられる。

実施内容の詳細は未定だが、試合形式や出場選手などは、必ずしも本番同等のものになるとは限らないという。

東京 2020 テストイベントは、IF・NF主催のものと、東京2020 組織委員会主催のものの大きく2 つに分類され、サーフィン競技は後者。「READY STEADY TOKYO」というイベント名称は、組織委員会主催のテストイベントに共通でつけられる。
※IF=国際競技連盟。サーフィン競技ではISA[国際サーフィン連盟]が該当。NF=国内競技連盟。サーフィン競技ではNSA[日本サーフィン連盟]が該当。

◆東京2020テストイベント(サーフィン)

イベント名:READY STEADY TOKYOーサーフィン
⽇程:2019年7⽉18⽇~21⽇
会場:釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ
主催:東京2020組織委員会

(THE SURF NEWS編集部)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む