12月10日発売『NALU』最新号 写真家たちが捉えたレンズ越しの2020/日本海の旅

12月10日発売の『NALU』最新号では、「THE FOCUS」と題した巻頭特集でサーフフォトグラファーが今年捉えた写真を紹介するほか、日本海トリップのストーリーも収録。

The Gallery: SURFPHOTO OF THE YEAR

『THE FOCUS / 写真家たちが捉えた、レンズ越しの2020。』

2020年はどんな年だったでしょうか? 社会的な状況は困難が続きましたが、それでも我々サーファーは喜びや感動を得た瞬間があるはずです。海を見続けてきたサーフィンカメラマンたちも、レンズを通じてさまざま光景を捉えてきました。写真には、言葉が通じない人に対しても心を動かす潜在的な力があります。そして、その背景にどんな出来事やどんな思いがあるのか……。16名の写真家が、心に残った一枚を厳選しました。

Stories: 日本海の旅

#1『行先は鳥取、時は晩秋。/ The Other Side in the Late Fall』
#2『米子の波に魅せられて。/ Addicted to Yonago Surf Scenes』

秋から冬にかけ、西高東低の気圧配置が決まり始めるとシーズンを迎える日本海。中でもあまりメディアに取り上げられることのない崇高なる鳥取エリアへ、個性豊かな2組のサーファーが、まったく異なる時期に異なる思いを胸に旅をした貴重な記録を収めました。

■綴込み付録: Deus Ex Machina 2021 Calendar
■STAY HUMBLE / 2019 TYPHOON #19 HAGIBIS
あの波が教えてくれたこと
■LIGHTNING BOLT
あの伝説的な稲妻が、今再びよみがえる。
■Report
『JPSA SAWAKAMI Challenge Series Kamogawa』
『THE 2nd JAPAN OPEN OF SURFING』
■Regular
『木村拓哉、海辺の時間。』、『ロングボード紀行』、『男の水平線』ほか多数


『NALU』No.119詳細

雑誌名:NALU No.119
発売日:12月10日
定価:1,650円(税込)

★今なら最大50%オフ!
お得な定期購読はコチラ

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。