2023 ISAワールドサーフィンゲームス
Photo: ISA / Ben Reed

『2023 ISAワールドサーフィンゲームス』は再びエルサルバドルで開催、パリ五輪選考

先日行われた2021年大会の熱も冷めやらぬまま、ISAとエルサルバドル政府は、2023年のISAワールドサーフィンゲームスを再びエルサルバドルで開催するとの共同声明を6月22日に発表した。

五輪の選考方法についてはIOCの承認が必要となるが、原則としてこの大会は、タヒチのチョープーで行われる2024年パリオリンピックの代表選考大会として位置付けされる予定。

また、今後もエルサルバドルでメジャーなサーフィン大会を開催していく合意の一環として、ISA世界ジュニアサーフィン選手権の2022年大会も同地で開催される予定だ。

コロナ禍における数々の制限の中で開催されたにも関わらず成功を収めた2021年大会は、今後開催されるサーフィンイベントの新しいスタンダードを示したとも言えるだろう。

ブケレ大統領をはじめとしたエルサルバドルのリーダーたちによるサーフィンの発展への強いコミットメントが、2021年大会の成功をもたらしたと同時に、彼らはエルサルバドルをサーフィン国家として確立してく未来図も描いている。

エルサルバドル政府は「Surf Cityキャンペーン」として国内外の社会経済開発計画の中核としてサーフィンを位置付けており、海岸線に沿って少なくとも50の優れたサーフスポットがあるエルサルバドルは、ハイレベルな大会の開催地として魅力的な選択肢だ。

『2023 ISAワールドサーフィンゲームス』の具体的な日程など詳細はこれから決定される。

なお、今回の共同声明にあたり、ISAのフェルナンド・アギーレ会長とエルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領がコメントを寄せている。

私たちは、サーフィンの長期的な利益のためにエルサルバドルで素晴らしいパートナーを見つけました。特に、ブケレ大統領とバルデス大臣に対して、ワールドサーフィンゲームスの成功に対する非常に強いコミットメントと、ISAとその使命に対する信念に対する感謝を伝えたいと思います。2021年大会で彼らが達成したことは驚異的に素晴らしいことであり、そのため今後も引き続き我々のパートナーシップを強化することに取り組んでいきます。この場所でエルサルバドルの美しさとあたたかいおもてなしを体験した世界中の何百人ものサーファーのように、サーフィンを通じてより良い世界を作るために、またこの場所に戻ってくることを楽しみにしています。

ISA会長 フェルナンド・アギーレ

わずか少し前に私たちは、エルサルバドルは新しい未来を築くと決め、過去に私たちを苦しめたすべてのものを変え、私たち自身の運命を築いていくことになりました。一部の人にとっては奇妙に聞こえるかもしれませんが、私たちはサーフィンがその運命の一部になると決めたのです。サーフィンは人々の生活を変えます。ISAはその理想を共有でき、促進していく素晴らしいパートナーです。エルサルバドルをサーフィンの歴史と、オリンピックスポーツになるための旅に導いてくれた彼らの助けにいつも感謝しています。Surf Cityイニシアチブの一環として私たちは再び大会を主催し、私たちの美しい国が提供するものを世界に示し続けられることを光栄に思います。

エルサルバドル大統領 ナジブ・ブケレ

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。