(オレアリー一家) PHOTO: © WSL/Dunbar

コナー・オレアリーがオーストラリアと日本の国旗をジャージに付けた理由とは?

現在開催中の「リップカール ニューキャッスルカップ」でコナー・オレアリーが豪と日本の国旗をジャージに付けて登場したことがWSLのニュースとして取り上げられている。

2017年にCTデビューした後、僅か2年で脱落したものの、すぐに返り咲いて2021年シーズンからツアーを回っているコナー。
ご存知の通り、コナーの母は元JPSAのプロでグランドチャンピオンの経験もある柄沢明美さん。
コナーはシドニー南部のクロヌラで育った一方、幼い頃から毎年日本で数ヶ月過ごし、日本語や文化を学んでいた。

「母親が日本人なので、日本の文化、国、人々、特に日本のファンと深い繋がりがあるんだ。妻のステフと相談して自分にとって大きな存在である日本を代表することが出来たら、どんなに素晴らしいだろうと思ったんだよ」

(柄沢明美さんの記録)
PHOTO: © WSL

「私はオーストラリアで育ち、ずっとオーストラリアに住んでいる。だから、常に代表するのはオーストラリアだけど、もう半分は日本人なんだよ。私の母はサーフィンのバックグラウンドが非常に大きく、彼女が20代、30代の頃にはプロレベルで競技をしていた。父もサーフィンをしているけど、コンテストには出ていなかった」

コナーが二つの国の国旗をジャージに付けたことは、日本の伝統をいかに誇りに思っているのかを全世界に示す一つの方法に過ぎない。
2017年のCTルーキーから経験を積んできた彼の心に浮かんできたものであり、日本の伝統の知識や感謝の気持ち、コンテストサーフィンへの愛情を息子に伝えた母親への敬意でもあるようだ。

(強烈なバックハンドがコナーの武器)
PHOTO: © WSL/Miers

コナーは今でも毎年日本に滞在して日本語の上達に力を注ぎ、友人や家族と連絡を取り合っている。
それだけ日本を愛して気にかけている彼からのメッセージがサーフィンやその他の分野で世界を目指している若い人に届けば良いと思う。

「多くの若い日本人アスリートに刺激を与えられたら良いと願っている。みんな!不可能なことはないんだよ!」

参考記事:Why Connor O’Leary Will Surf With Two Flags On His Jersey

(空海)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。