トーキーの街中に掲げられた看板 Photo by snowy

世界は鎖国、国内は来訪自粛の要請連鎖「コロナ禍は天からの声」

F+(エフプラス)

もともと日本にいるときには、犬の散歩と週に一度のお買い物以外ほとんど家から出ない私は、外出自粛の必要もなく、いつものようにべた~っと家にいる。生活に何の違和感もなし。べた~っと家にいて、いろんなことを考えている。

今や世界各国鎖国状態、そして国内ではよそ者来るな運動。ま、よそ者来るな、というよりはみんな家にいてくれ、なわけだけど、自粛で暇だからきちゃう人はきちゃうわけで、最終的には来るな、とするしかない。みんなに来てほしくてオリンピックだった一宮も、緊急事態宣言の翌日には駐車場ロックアウト。一宮エリアがパーキングロックアウトすればその周辺にビジターが流れて行くわけで、これ東京脱出して地方に拡散、と同じ状況。よって、近隣の市町村もすぐにロックアウト。

カリフォルニアと違ってビーチクローズではないので、車以外の方法で海に来れる人は来ている。ま、ある意味ローカルオンリー。しょうがないのかな、この状況になると。

一宮町の来訪自粛要請、志田下の駐車場閉鎖は一般メディアでも広く報道された Photo by snowy

まぁ、観光立国とか、人の集まる町に、とかっていうことを希望するというのは、こういったネガティブな要素も合わせて受け入れる、ということだ。今回はネガティブ要素がウイルスだけど、たとえウイルスがなくたって、不特定多数の人が集まれば、中にはテロリストもいるかもしれないし、ドロボーもいるかもしれないし、ごみの不法投棄や違法駐車も受け入れなくてはならない。世の中のことすべてには、いい面と悪い面がある。

このコロナ禍、人とモノの移動がもたらす経済繁栄を思う存分享受してきた近年の地球人たちに対して、そういうことをいろいろ考えろや、という天からの試練なんだろうな。しかしなぁ、試練にしても、世界ではショッキングなほどの数の人が毎日死に続けている。今回の天はかなり手厳しい。

ただ、この状況が長期化すれば、地球環境的にはだいぶ浄化されるかもしれない。少なくとも人間が移動することで地球に及ぼす悪影響は激減するはずだ。閑散とした町に野生動物が我が物顔、みたいな映像もあったけど、人間の行動範囲が限られた分、彼らの行動範囲が広がる、スペースを譲る形になる。

やっぱどう考えても、いい気になって地球を独占するなよ人間ども、という天の声にしか私には聞こえない。

ベルズビーチ Photo by snowy

このノービジター運動的なことは、何も日本ばかりじゃなくて、本来ならいまイースターの中、ベルズの試合でごった返すはずのトーキーの町も同様らしい。町は空っぽ、ベルズの駐車場には車もいない。トーキーではビーチの駐車場は開いてるけど、どこのビーチもローカルはサーフィンしていいけどビジターはダメってことになってるそうだ。そもそもサーフィンしにトーキーに来ちゃいけないって話。トーキーはまだ感染者が少ないので、こうなるんだろう。

いつも泊まる家のアンジェラがメールしてくれた写真は本当に空っぽのベルス。びっくり。まだ物事が今ほど緊迫してなかった頃に、私のために白米20キロを買い込んだアンジェラはガックシ、私も石窯ピザ食えずにガックシ。

F+編集長つのだゆき

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。