PHOTO: © WSL / Poullenot

「2019年のCTは理想的なエキサイティングな進行へ」-F+

F+(エフプラス)

フィリッペ・トリードとサリー・フィッツギボンス
う~ん、地球裏側のその騒動のころに、我が家の愛犬ラッキーさんはご永眠なされたのだな。
昨日まで散歩、ごはんと、ヨボヨボではあったものの普通だったからな。で、朝起きたらすでに昏睡状態で、早朝そのまま息を引き取った。
ピンピンコロリの典型。大型犬推定15歳、老衰上等。

ま、その話は追ってするとして、ブラジル。
う~ん、なんかねぇ、私だけではないと思うけど、昔ながらのファンって今のこのツアー面白いのかなぁ? 私は1試合ごとに興味を失いつつあって、結構困っている。サーフィン薄いけど派手なことやってる人に点、ではなくて、難しいことやってる人に点だろ? というところから離れられない頭の固いオバサンは、見てて結構疲れちゃうんだよな。でもって結果とかなんかストーリーありき、みたいな出来すぎ感満載だし。

ツアーとしては、ジョンジョンの活躍なくしては成立しないので、ジョンジョン勝つ、復活ケリーも印象付けたい、アメリカ本土の若手はコロヘ、オリンピックのこともあるので、開催国の日本人選手のカノアも頑張る、先のブログでも指摘した通り、ガブ、フィリッペはこのブラジルで何かしないとタイトル争い脱落……なんかこの辺の都合というか、こうなると面白くなってくるよね、的なストーリー通りに物事が進んでる感じがする。ジョーディ2位もしかり、ジョンジョンの膝のケガも織り込み済み。理想的なエキサイティングな進行。

女子もまたいつものステファニー、カリッサじゃなくて、レイキーってアメリカンもいるのよ、人気のサリーちゃんも復活なのよ、みたいなさぁ、もうストーリー出来てるよね。
別にいいけど、プロレス化というか、興行化というか、リリースが熱く語れば語るほどこっちはさめてく感じだなぁ。

勝つのはSNSのフォロワーの多い人とか、そっち方向もある感じもする。ま、それで話題になってそのフォロワー取り込みたい、ってのは確実にあると思うし。

毎試合テクニック的にうまいなぁ、と思うのはケリー、ライアン・カリナン。でもエアーにやられちゃう(笑)。ガブは歯車をひとつ合わせるだけだと思う。

このストーリー展開でいくと、ジョンジョンケガでJベイスキップ、そのすきに地元でジョーディー優勝して、ガブ、フィリッペ上位で混戦突入、タヒチ、プールでケリー巻き返し、混戦のままヨーロッパへ、みたいな。それ展開としては一番面白いだろうな。もちろん決着はワイハ~。

F+編集長つのだゆき

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む