大原洋人 Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

稲葉玲王・大原洋人がベスト8入り【一宮千葉オープン】

5月3日、千葉県一宮町、釣ヶ崎海岸(通称:志田下ポイント)にて、WSL QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』の本戦5日目が行われた。

カタ~アタマ程度のコンディションの中、AM10:00から女子準々決勝と、男子ラウンド5の全ヒートを実施。

ラウンド5の第1ヒートでイマイカラニ・デヴォルト(HAW)と対戦した稲葉玲王、第7ヒートでカレブ・ダンクレッド(AUS)と対戦した大原洋人が、準々決勝への進出を決めた。河谷佐助はカム・リチャーズ(USA)と対戦し敗退。

女子は、 都筑有夢路、前田マヒナ、松田詩野、宮坂麻衣子が準決勝進出を決めた。

稲葉玲王
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
両手を挙げて喜ぶ稲葉玲王のコーチ田中樹
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
ヒート終了後、洋人のまわりには大勢のファンが駆け寄った
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida
ヒート終了後に行われた大原洋人のサイン会には長蛇の列
Photo: THE SURF NEWS / Kenji Iida

明日はファイナルデーとなる見込みで、ファーストコールはAM10:00。メンズQS6000、ウィメンズQS1000ともにスタンバイ。ライブ中継やヒート表は公式サイトでチェックを。

JR上総一ノ宮駅と一宮海岸広場からの無料送迎バスも運行されており、日本勢の活躍を応援しにぜひ会場に足を運んでみては。

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』オフィシャルサイト
http://www.worldsurfleague.jp/2019/icopen/

(THE SURF NEWS編集部)

この記事に 関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け! サンプルを読む