ウイメンズCT初戦トライアルにてSNS活用の試みが

4月3日からウェイティンピリオドがスタートするウイメンズのCTイベント初戦「ブーストモバイルプロ(Boost Mobile Pro)」。昨年までのロキシープロで、今季からタイトルスポンサーが変更となりましたね。

同イベントのトライアル出場者枠にローカルを増やすことについては先日お届けしましたが、今度はトライアル出場者の1枠について興味深い試みが行われています。

その試みと言うのが、トライアル出場希望者が自身のインスタグラム(Instagram)にライディング動画を公開し、選ばれし1名にワイルドカードを与えるといった内容。エアリアルイベントでは珍しくない手法ですが、CTイベントでは初ではないでしょうか。

具体的な流れは以下の通りとなります(対象者はオーストラリア国籍のみ)。

1.1分以内のベストサーフィン動画を撮影して、指定のタグ付けをしてインスタグラムに公開(エントリー期間は2月21日~3月21日)。

2.公開された動画は指定ページ(https://boost.com.au/wildcard)にて一般投票。

3.得票数のトップ10動画が決勝に進み、WSLジャッジ基準に沿ってサリー・フィッツギボンズが勝者を決定。

勝者となった1名の女性サーファーはワイルドカードを与えられ、4月2日に開催予定となっているブーストモバイルプロのトライアル出場権を得ることになります。

さて、オーストラリアはサーフィン大国ということもあり、実力がありながらも日の目を浴びていないサーファーも多く存在しているはず。

その良い例がかつてのチッパ・ウィルソンで、サーフシーンに登場するや否や世界最高峰エアリアルサーファーと言われたものの、21歳頃までメインスポンサーが付いていなかったほどですから。

今回の企画を通じて、新たな才能が発掘されることになるのか注目したいところです。

Boost Mobile公式サイト:https://boost.com.au/wildcard/

World Surf Movies

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

週刊サーフニュース

1週間のニュースを厳選して無料でお届け!サンプルを読む