ウイリアン・カルドソ Photo by snowy

CT開幕戦ファイナルのジャッジングが論争に。WSLは苦しい言い訳?

F+(エフプラス)

ファイナルが終わってスナッパーでの表彰式までの間に、イスとかパラソルとか家に置いてからと思ってスナッパー近くのコンドによった時に、どこかの部屋からFワードに続いて、勝ったのはコロヘだ~みたいな絶叫の連続。どなたかコロヘサイドの人がいたらしく、だいぶ長いこと表彰式待ちのスナッパーに向けて叫びまくっていた。

案の定論争になっているようで、WSLはその日のうちにわざわざコロヘの6.5のライディングとイタロのラストライドを2分割で並べて、コメンテイターチームに分析させていて、ほら、エアーの回転数が違うでしょ、的な解説してるけど、あれは結構ギミックかなぁ、と思う。

ジャッジングというのは一つのマニューバーだけに対して行われるものではなく、1本の波に対するライディングに総合的に与えられる、ものなはずでしょ。走って1発飛べばいいんだとエアーショーと変わらんし。だから、あのエアー部分だけ取り出して比較されてもねぇ……それだけ苦しい言い訳にしか見えないし(笑)。

イタロのはフルローテだけどシングルマニューバー。波のサイズもコロヘのより少し小さかったように思う。コロヘのは波のサイズとエアーの滞空時間と高さはあったけど回転はイタロのより少なかった。でも疑問はそのあともしょうもないけど1発スープに当ててるのをゼロ評価するのか、ってあたり。その1発を0点とするなら、あの比較とポイントは正しいかもしれないけど、テイクオフだけでも最低0.1つくわけだからねぇ。よって個人的にはコロヘのエアープラスしょぼい1発、イタロのフルローテのボトムランディング1発は極めて近いものなんじゃないのか、と思い、6.5~6.8相当で逆転にはちょい足らない。私はそう思っていた。確かニード6.9かなんかだったから。ま、今年からそこ、ジャッジ変わったんです、ということであれば、頭切り替えないとなぁ。

どこかで炎上してないかな、と思いグーグル先生に聞いてみると、毎度お騒がせのStabでまんまと比較やってて、ご丁寧に映像のコピペもされてて、ファイナル前のジョーディとのヒートも論じられていた。

参考記事:“Nothing’s Wrong With Saying A Score Was Generous.” – Kelly Slater|Stab Magazine

ま、そういう記事の後なのでそっち側にリードされてるとは思うものの、記事の最後にあるあなたはどっちが勝ったと思いますか? という読者投票では私が見た時点では78%がコロヘということになっていた。

写真はまるで関係ないけど、ウイリアン・カルドソ。ニックネームはパンダ。由来は多分間違いなくその体型からだと思う。よってトラクションパッドがパンダ柄。超カワイイ。

F+編集長つのだゆき

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。