2月10日 『SURFIN’LIFE』3月号発売!

昨年春の復刊から1年、『SURFIN’LIFE』の最新号が2月10日に発売されます!
前号のテクニック特集から一転して今号は週末を利用したサーフトリップの特集。
有休を取得しなくても楽しめる旅のアイディアを試してみては?

48 HOURS RETREAT
人生が変わるサーフトリップ3つの形

01 サーフィン+αの旅に出る
旅はいい波ファーストながら、アフターサーフにも貪欲でいたい。日本古来の風土やその土地ならではの美食の数々。今回は神々が棲む出雲の海に金曜夜出発の寝台列車で訪れた。

02 キャンピングカーを借りる
キャンピングカーがあれば波次第の旅に出て、かつビーチサイドで寝泊りすることも夢ではない。その移動する家がココ日本でもレンタル可能。普通免許で運転できるのも嬉しい。

03 託児サービスを利用する
子供ができるとしばらくは夫婦で子守を交代しながらパドルアウト。しかし、託児サービスを提供するビーチサイドのホテルを利用すれば、週末サーフの様相は大きく変わっていく。

WEEKEND RETREAT Plus
海上がりも好奇心を満たす “サーフ+α”の旅先へ
アフターサーフを温める ビーチサイド温泉リスト
託児サービスを提供する注目のサーフサイドホテル

TRAVEL FOR MORE RETREAT
本誌読者15名が参加したモルディブボートトリップ
休日6日間、頭の中身はサーフィンだけ

目的は波のあるところ全て
自由に波を求めた8人の旅の記憶

PRESENTS FOR 66 READERS

次号4/10日発売サーフィンライフで復刊2シーズン目に突入することを記念して、読者の皆様に日頃の感謝を込め特大のギフトをご用意しました。多くのメーカーご賛同のもとバラエティ豊かなアイテムの数々がズラリ。ぜひ、ご応募ください。

テイクオフをスムーズに行うために”手を置く正しいポジションを知る!”

サーフィンの要となるアクションがテイクオフ。スタンドアップの良し悪しはライディングにも大きく影響する。そこで今回はテイクオフでの手のつき方を検証。より良く立ち上がり、波に乗っていくためのヒントを日本を代表するサーファー、大澤伸幸プロの解説で紹介する。

2018年、サーフボードのある家
SURFER’S HOUSE

サーフィンが好き。美味しい食事も好き。家族と過ごす時間はいつも楽しい。時には仕事をするし、アートやグリーンを飾ることもある。サーファーの家といってもテイストはさまざまで、形も多彩。共通点はサーフボードがあることくらい。果たして今、サーファーたちはどのような家に住んでいるのだろうか。個性がキラリと光る家をご紹介。

都会と田舎の文化が交わる海辺の町 千葉・南房総

東京から近い位置にありながらも房総半島の先端という地勢が理由のためか、エキゾティックでメローな空気に包まれている千葉・南房総エリア。都市と田舎が絶妙な距離感にあるため、都市部のサーファーをはじめ、タウン&カントリーな暮らしに関心を持つ人たちが熱い視線を注ぐ。

and more…

SURFIN’LIFE(サーフィンライフ)3月号
2月10日発売 980円

【問い合わせ】
ダイバー株式会社 サーフィンライフ
東京都渋谷区神南1-8-17 横山ビル5F
E-MAIL:surfinlifemag@diver-web.jp
TEL:03-5784-2275

この記事に関連するタグ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。